【初級編】フィット ハイブリッド

車庫いれ.com スマートフォン専用サイト

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック > 【初級編】フィット ハイブリッド

【初級編】フィット ハイブリッド

space

とうとう出ました! ハイブリッドで老舗であるトヨタに 殴り込みをかけたホンダがフィットにハイブリッド機能を追加し発売しました。

1年以上も乗用車の販売台数で1番だったプリウスを抜いての販売台数です。

売れた理由はやはり国内最安値となる販売価格が159万円であることは間違いないでしょう。

トヨタのハイブリッドは、完全なハイブリッド方式で、低速ではエンジンは始動せずにモーターで走り、加速してからエンジンが始動するのに対してホンダのハイブリッドはエンジンが停止せずにモーターを補助で使うシステムでした。

燃費性能ではトヨタの方式の方が有利でしたが、複雑な構造のために、コスト高となっていました。

その点、ホンダの方式はモーターを補助でエンジンが弱いとされる低速走行時に補助するシステムなので、コスト安というメリットがありましたが、今回のフィット ハイブリッドでは減速時に発電する「回生ブレーキ」を採用したことで電気走行「EV走行」の領域を広げたことも売れた理由でしょう!

【裏ワザ】

大手リース会社の方と話す機会がありましたが、リース会社は多くの自動車をリースとして貸し出していますが、ハイブリッド車両が主流になったことで頭を痛めているそうです。

その理由は、通常リースは5年契約などの長期契約のため、契約終了後は車両を引き上げて中古車市場で売却したり、子会社などのレンタカー会社の車両として使用しますが、この調子で行くと、5年後には最低でも ハイブリッド車でないと市場価値が付かないことが目に見えています。

当然ですが、市場価値が付かなければ会社の収益に直結するからです。

運転指導者の匠として
商品一覧 お問合せ
space

お客さま サポート

お客さまサポート

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

縦列駐車.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報

Yahoo!
xlisting




掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。