【初級編】フォルクスワーゲンの新型ミニバン

車庫いれ.com スマートフォン専用サイト

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック > 【初級編】フォルクスワーゲンの新型ミニバン

【初級編】フォルクスワーゲンの新型ミニバン

space

このメルマガでは基本的に車全般についての情報を提供していますが、今回はちょっと驚いた内容だったので、個別の車両について解説してみたい。と思います。

現在、日本国内で3台に1台はミニバンが売れているほどミニバンは大人気の車種です。

そんな中、フォルクスワーゲンから15年ぶりにフルモデルチェンジした「シャラン」というミニバンが発売されました。

前モデルは1997年から99年にかけて約1200台が販売されましたが、今回のモデルは日本を意識して作られたようです。

私が驚いたのは、大型に部類するほどのミニバンなのにエンジンが小さいこと。

全長4855×全幅1910×全高1750と数字だけ明記してもピンとこない方もいると思います。

ミニバンは、全体的にセダンなどに比べてトランクが室内と一体化しているので、全長は短いものなのですが、この車はなんとトヨタのクラウンと同等の全長があります。

また全幅が1910とトヨタのクラウンが1795に対して1910とクラウンより横幅がある。

車を運転するうえで、全長が少々長くなっても運転しても気にならないものですが、横幅が1cmでも大きくなると大きく感じるのにクラウンより約11cmも大きい。

見た目より、運転するともの凄く大きく感じると思います。

通常、これだけ車体が大きい車であれば、通常、エンジンの排気量は2000ccは当たり前のクラスですが、この車はビックリするほど小さい。

【裏ワザ】

新型シャランの排気量はナント1389cc 1400ccを切っています!

これだけの車体にこの程度のエンジンだと走らないのでは?
と誰もが思うところですが、「ツインチャージャー」を搭載 することで車体の割にこれだけ小さなエンジンでも2500cc並みのパワーを確保しているそうです。

「ツインチャージャー」については次回のメルマガで解説してみます。

運転指導者の匠として
商品一覧 お問合せ
space

お客さま サポート

お客さまサポート

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

縦列駐車.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報

Yahoo!
xlisting




掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。