【初級編】ターボチャージャー

車庫いれ.com スマートフォン専用サイト

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック > 【初級編】ターボチャージャー

【初級編】ターボチャージャー

space

先週のメルマガで、フォルクスワーゲンの「シャラン」について解説いたしましたが、その中で「ツインチャージャー」という機能がありました。

今回のメルマガでは「ツインチャージャー」は2つの機能が一体化したものであり、その一つがターボチャージャーです。

そこでターボチャージャーの歴史について解説してみますが、ターボチャージャーが搭載されたエンジンで有名になったのは何といっても第二次世界大戦のアメリカ空軍機「B29」です。

日本の戦闘機であったゼロ戦に対して「B29」にはターボチャージャーが搭載され、飛行高度が高く、ターボ未搭載のゼロ戦では飛行高度が低いためなかなか撃ち落とすことができませんでした。

日本が敗戦した理由のひとつがターボ技術によるものでした。

ではターボチャージャーを搭載した「B29」はナゼ飛行高度が高いのか? 

その理由は、上空に行けばいくほど酸素濃度が低くなり、エンジンの出力が低下するからです。

過去のメルマガでも解説しましたが、ガソリンエンジンは14.7対1の法則で、ガソリン1gに対して空気が14.7gが理想の燃焼比率となります。

よって飛行機は高度を上がれば上がるほど空気の密度が低くなるので、出力が落ちてしまいます。

そこで登場したのがターボチャージャーです。

排気ガスが通るパイプとエンジンに空気を取り込むパイプに連動した2つのタービン(風車)を取り付けることで排気ガスが勢いよく出れば出るほど、エンジンに送り込まれるタービンも高速で回転し、無理やりエンジン内に空気を押し込める機能がターボチャージャーです。

※簡単に説明したつもりですが、理解できましたか?

このように、排気ガスが出る力を利用してエンジンの出力を上げているのが、ターボチャージャーの仕組みですが、排気ガスが出なければタービン(風車)は回転しないのでエンジンの回転数が低い時には、逆にエンジンの出力を下げてしまうデメリットがあります。

【裏ワザ】

ターボチャージャーは、排気ガスの高温と空気を圧縮することで発生する熱で壊れやすい装置でした。

そこで1980年当時に日産が高熱にさらされるタービン(風車)に軽くて熱に強いセラミックを使った「セラミックターボ」が当時では話題となりました。

しかし、燃費や環境問題に加え、コスト問題から一時はターボ搭載車が少なくなっていました。

ターボ搭載車は小さなエンジンで高回転にすればメリットがありますが、大きなエンジンで且つ低い回転ではデメリットばかりになります。

ですから、軽自動車や小さなエンジンに多く搭載されています。

運転指導者の匠として
商品一覧 お問合せ
space

お客さま サポート

お客さまサポート

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

縦列駐車.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報

Yahoo!
xlisting




掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。