【初級編】車両保険の料率クラスについて

車庫いれ.com スマートフォン専用サイト

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック > 【初級編】車両保険の料率クラスについて

【初級編】車両保険の料率クラスについて

space

車両保険に料率クラスという係数があるのをご存知でしょうか?

例えばトヨタのカローラとフェラーリF355など同じように車両保険を100万円掛けたとしても保険会社のリスクは同じではありません。

これは事故率が違う。とも言えますが、交通事故だけでなく盗難などのリスクもあるからです。

損害保険協会では、車種ごとに過去の事故を頻度と金額を集計しており、それをもとに車両の料率クラスが決定されます。

ちなみに車両料率クラスは1から9までの9段階のクラスがあり、車両料率クラスは1と10を比較すると同じ保険金を掛けても保険料には4倍もの開きがあります。

車を購入する際には購入価格以外に維持費までを計算しなければいけません。

車を購入する前に事前に車両料率クラスを調べておく方がいいと思います。

ちなみに、一般的にスポーツカータイプの料率は高く排気量3000ccクラスの車両は中間
ファミリータイプと軽自動車などの小型車両は低くなっております。

【裏ワザ】

料率クラスと料率

料率クラス1 → 1.0倍
料率クラス2 → 1.2倍
料率クラス3 → 1.4倍
料率クラス4 → 1.7倍
料率クラス5 → 2.0倍
料率クラス6 → 2.5倍
料率クラス7 → 3.0倍
料率クラス8 → 3.6倍
料率クラス9 → 4.1倍

運転指導者の匠として
商品一覧 お問合せ
space

お客さま サポート

お客さまサポート

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

縦列駐車.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報

Yahoo!
xlisting




掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。