【初級編】車両保険に掛ける保険金額について その1

車庫いれ.com スマートフォン専用サイト

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック > 【初級編】車両保険に掛ける保険金額について その1

【初級編】車両保険に掛ける保険金額について その1

space

車両保険に加入されたことのある方ならご存知かもしれませんが、車両保険に加入できる金額は保険会社に決められているのをご存知ですか?

例えば新車価格で300万円の車に500万円の車両保険に加入することは不可能です。

※特別装備品などが付属されている場合は除く

また車両保険に加入できる金額は一般的に加入できる最高額と最低額が設定されており、300万円の新車に50万円だけ車両保険を掛けることはできません。

一般的には300万円の新車であれば加入できる車両保険の最高額が330万円で最低額が280万円のように幅があります。

これは、ディーラーオプションなどを付属した場合など、加入者がもう少し高く入りたい。 もう少し安く入りたい。に応えるためと思って頂く方がいいかもしれません。

では、例えば300万円の新車を購入した場合、高い車両保険にするのがいいか?
安い車両保険にするのがいいのか? どのように判断すればいいのか?
を知っていますか?

【裏ワザ】

車両保険には加入できる保険金額に約50万円程度の幅を選択することができます。

実際に加入する場合、どちらに設定すればいいのか?の判断基準ですが、新車で購入した時には最高額に入る方がいいと思います。

その理由は盗難です。

盗難された場合は保険に加入している金額が支払われるので、新しい車ほど盗難された場合には次の車を保険金で購入できるように高めに設定します。

ただ、車両保険が200万円程度になってくると、今度は盗難よりも大きな事故 のリスクが出てきます。

200万円の事故修理をするような事故の場合は必ずフレームまで損傷した大事故となります。

車両保険の範囲内であれば修理代が出ますが、保険金額以上の修理代となれれば全損扱いとなり、車両保険にプラスして保険金が出ます。

車両保険が200万円を切り始めたら、車両保険を低めに設定することにより大きな事故の場合に全損扱いとしてお得になるケースが増えます。

※ このケースはあくまでも確率論の話となるので、ご自身でリスクを考えた上での加入を行ってください。

運転指導者の匠として
商品一覧 お問合せ
space

お客さま サポート

お客さまサポート

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

縦列駐車.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報

Yahoo!
xlisting




掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。