【初級編】車両保険に掛ける保険金額について その3

車庫いれ.com スマートフォン専用サイト

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック > 【初級編】車両保険に掛ける保険金額について その3

【初級編】車両保険に掛ける保険金額について その3

space

3週連続となりましたが、車両保険についての最後の解説をしてみたい。と思います。

車両保険に加入する場合は、車種ごとに保険会社が予め設定した保険金額の範囲内でしか加入できないことを解説いたしました。

その金額とは、例えば新車で購入した時に加入した場合、翌年度の更新時には車両保険の金額が大きく減っての更新となります。

これは年式が古くなるにつれて車の市場価格が下がったことにより車両保険の金額が自動で下がるものです。

これは凡そですが、毎年10%程度車両保険金額が下がり続け、車両保険が50万円になると毎年5万円程度下がっていきます。

そして最後には車両保険の最低金額は10万円となってしまいます。

この毎年下がる車両評価額は市場価格を反映したものではなくあくまでも全ての車種が毎年下がることになります。

それでは、フォルクスワーゲン ビートルやその他のビンテージ車種ではどうなるのでしょうか?

市場価格的にはプレミアが付き、高額で取引されている車種もあります。

【裏ワザ】

残念なことにビンテージといわれる車種であっても年式が15年を超えるような車には10万円程度の車両保険しか加入できません。

そのような車を乗られる場合は、特殊な保険であるエース損害保険株式会社が販売している
http://www.ace-insurance.co.jp/

クラッシックカー保険とうものがあります。
http://www.ace-insurance.co.jp/individual/car/classic/

運転指導者の匠として
商品一覧 お問合せ
space

お客さま サポート

お客さまサポート

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

縦列駐車.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報

Yahoo!
xlisting




掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。