【初級編】人身傷害補償保険とは

車庫いれ.com スマートフォン専用サイト

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック > 【初級編】人身傷害補償保険とは

【初級編】人身傷害補償保険とは

space

一昔前の保険では、車両保険・対人・対物・搭乗者傷害の4種類がメインでした。

しかし最近の保険はこれに人身傷害保険というものがセットになった商品が一般的となりました。

車両保険は、自分の車が損害した時の保険

対人保険は、相手が死亡・ケガや治療にした時の保険

対物保険は、相手の動産などに損害を与えた場合の保険

搭乗者傷害保険は、同乗している人が事故により死亡・ケガの治療した時の保険

となります。

それでは人身傷害補償保険とは

●示談交渉の結果に関係なく保険金を受け取れる。
通常は示談が成立してからでなければ賠償金を受け取ることはできませんが、人身傷害補償保険では示談の成立に関係なく保険金を受け取れます。

●実際にかかった損害額を補償してもらえる。
自分自身の過失分を含めて実際にかかった損害(入院・通院費等の治療費、休業補償、慰謝料など)を補償

●歩行中など、車に乗っていないときの事故も補償。
契約者本人とその家族であれば、歩行中や自転車に乗っているときの自動車事故も補償

●単独事故も補償
不注意などによる自損事故(相手のいない単独事故の損害も補償される)

【裏ワザ】

搭乗者傷害保険と人身傷害保険の違いについて

●契約車両に乗っていて事故で死傷した場合

人身傷害補償保険(実損払い)はドライバーを含む搭乗者全員が対象

搭乗者傷害保険(定額払い)はドライバーを含む搭乗者全員が対象

●契約車両以外の車に乗っていて死傷した場合

人身傷害補償保険(実損払い)は記名被保険者とその家族のみ

搭乗者傷害保険(定額払い)は対象外

●歩行中等に自動車事故で死傷した場合

人身傷害補償保険(実損払い)は記名被保険者とその家族のみ

搭乗者傷害保険(定額払い)は対象外

運転指導者の匠として
商品一覧 お問合せ
space

お客さま サポート

お客さまサポート

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

縦列駐車.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報

Yahoo!
xlisting




掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。