【初級編】新車での事故 事故落ちの損害賠償

車庫いれ.com スマートフォン専用サイト

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック > 【初級編】新車での事故 事故落ちの損害賠償

【初級編】新車での事故 事故落ちの損害賠償

space

いままで数多くクライアントの自動車事故をみてきました。

その中で何とも納得がいかない事故と言えば事故によって損害を受けた車の事故落ちです。

これは数年前になりますが、私のクライアントが夫婦でドライブ中に発生した事故ですが、交差点の赤信号で停止していたところ、わき見運転により追突されました。

軽い追突ならまだしも、追突した車両は一切減速もしないまま追突したので、私のクライアントの車両はトランクが大きく潰れてトランクが無くなったほどの損傷を受けました。

私は中古車査定士の資格を保有していたので、この事故がどれくらい資産価値が目減りしたのかがよく判っていましたが、相手側の保険会社からの回答を聞いて、納得がいきませんでした。

貰い事故とはいえこのようなケースでは悲しい現実が待っています。

【裏ワザ】

クライアントは新車購入後18ケ月で追突事故に遭いました。

保険会社に対して事故による資産価値の目減り(事故落ち)を主張しましたが、保険会社からの回答は、新車(12ケ月)でなければ事故落ちは認められない。
とのことでした。

わき見運転による相手側100%の過失事故で、被害者側が大幅な資産の目減りを補償されないのには今でも納得がいきません。

運転指導者の匠として
商品一覧 お問合せ
space

お客さま サポート

お客さまサポート

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

縦列駐車.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報

Yahoo!
xlisting




掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。