【初級編】事故による所得補償について

車庫いれ.com スマートフォン専用サイト

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック > 【初級編】事故による所得補償について

【初級編】事故による所得補償について

space

先週のメルマガでは、わき見運転による追突事故で相手側に100%の過失があるにも関わらず、事故車になった車両の損害は認められなかった。
との解説をしました。

実はそれだけではなく、追突された側にはもう一つの悲劇が待っていました。

それは所得補償です。

所得補償とは、被害者が事故により本来なら得たはずの所得が死亡・入院・通院により得ることができなかったことえの賠償です。

今回の事故に遭われた方は自営業で代表取締役の社長。
そして助手席に乗られていたのは奥さんで取締役

お二人の年収は凡そ数千万円になります。

しかし、保険会社からの所得補償の回答は0円でした。

【裏ワザ】

取締役などは、通常のサラリーマンと異なり、給与は報酬と勤務に対しての対価ではなく、通常1年単位で所得が確定しているものです。

保険会社からの回答は、役員であり事故によって報酬が目減りしたのではないため損害賠償の適用外。との回答でした。

※しかし、社長兼従業員のように、一人で全ての業務を行っている場合などは例外措置もあります。

また個人自営業者などは年収は低いが、実質手元に残る所得が多いケースがありますが、この場合も一般的に所得証明をベースに損害が確定します。

運転指導者の匠として
商品一覧 お問合せ
space

お客さま サポート

お客さまサポート

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

縦列駐車.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報

Yahoo!
xlisting




掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。