【初級編】ボンネットが「くの字」に曲がる理由

車庫いれ.com スマートフォン専用サイト

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック > 【初級編】ボンネットが「くの字」に曲がる理由

【初級編】ボンネットが「くの字」に曲がる理由

space

追突事故を見たことがあると思います。

追突した車はボンネットが「くの字」になっているのを覚えていませんか?

このボンネットが「くの字」には大きな役割があるをご存知な方は車業界を除き知っている人は少ない。と思います。

追突事故を起こした場合に、ボンネットが「くの字」になるのは実は自動車メーカーが「くの字」になるように設計しているからなのです。

追突事故を起こした場合にボンネットが「くの字」にならなければ追突した車にボンネットが押されて運転席や助手席に入り込むを防止しているのが大きな理由です。

ボンネットは大きな1枚の鉄板でできています。

ボンネットは薄くできていますが、ボンネットを横からでなく縦から力を加えると曲がりにくく追突事故を起こした場合にフロントガラスを突き破ってしまうから敢えて「くの字」に曲がるように設計しているのですが、 曲がる分、デメリットもあります。

【裏ワザ】

ボンネットが「くの字」に曲がるのは、ボンネットを開いてみるとボンネットの両サイド部分の中央付近に凹みがあります。

追突した場合、この凹み部分の強度を弱くすることで「山折り」の状態でボンネットが「くの字」になります。

しかし、軽微な追突でボンネットに当たってしまうと、見た目には判らなくてもすぐに「くの字」になってしまいます。

ボンネットが少しでも「くの字」になってしまうと鈑金などで修正はできず、即交換となってしまうデメリットがあります。

運転指導者の匠として
商品一覧 お問合せ
space

お客さま サポート

お客さまサポート

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

縦列駐車.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報

Yahoo!
xlisting




掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。