【初級編】ハイブリッド車について

車庫いれ.com スマートフォン専用サイト

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック > 【初級編】ハイブリッド車について

【初級編】ハイブリッド車について

space

環境問題に加えて、時限立法である特別減税の効果もあり
ハイブリッド車が人気です。

先日もトヨタの営業マンと話す機会がありました。

トヨタ自動車は一部の販売店でしか取り扱いをさせていなかった
プリウスをトヨタディーラー全社で販売することにしました。

ハイブリッド車はホンダのインサイトとトヨタのプリウス

同じハイブリッド車でもコンセプトが大きく異なり、製造コストは
明らかにインサイトが上回り、プリウスは薄利多売の販売が続いてます。

このコストの違いは知っている方が多くいると思いますが、
ホンダのインサイトは走り出すとエンジンは動き続け、基本的には
発信時に電気モーターの力を借りて、一番燃費が悪くなる発信時を
助けるものです。

トヨタのプリウスは、必要に応じて走行中でもエンジンが停車するので
実用レベル的にはプリウスの方がハイブリッドに相応しい車です。

どちらを選択するのか?
それはユーザーの決めることですが、一長一短を【裏ワザ】で紹介します。

 

【裏ワザ】

トヨタのプリウスは、ホンダのインサイトが発売されたことにより危機感を感じ
予定価格を大幅に下回る価格設定にしたことで、コストの割りに非常に安い
車であることは確かです。

デメリットは
バッテリー主体で走行し、足りないエネルギーをエンジンが始動して燃費を
良くする車なので、バッテリーが命となります。

バッテリーの寿命についてはコメントを避けますが、バッテリーの交換時は
費用は高くなるので、買い替え期間が長くなる方はバッテリーのコストを考慮
しなければなりません。

ホンダのインサイトは、元々コスト的に安くできる車なので、買う時も安いが、
売る時も安い。というリセールバリューが懸念されます。

運転指導者の匠として
商品一覧 お問合せ
space

お客さま サポート

お客さまサポート

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

縦列駐車.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報

Yahoo!
xlisting




掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。