【中級編】ポンプ損失

車庫いれ.com スマートフォン専用サイト

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック > 【中級編】ポンプ損失

【中級編】ポンプ損失

space

前回のメルマガでは自動車のエンジンでは
エネルギーの損失要因には4つの要素があることを解説しました。
その4つは

・ポンプ損失(スロットルが閉じている低負荷時は空気を吸う抵抗が増える)
・排気損失(排気ガスで捨てているエネルギー)
・冷却損失(排熱)
・機械損失(ピストンなどの摩擦抵抗)

となります。

そして今回はポンプ損失(ポンピングロス)について解説してみます。

自動車のエンジンはアクセルを開閉することによってエンジンに空気を
取り込み、燃焼させることによって出力を調整していますが、
アクセル全開時にはエンジンが欲しがるだけの空気を取り入れていますが
実際には制限時速やゆっくりとした発進などするためにアクセルは
少ししか開けません(踏みこみません)

ポンプ損失を簡単に説明するとこのようにエンジンの出力を抑えるために
アクセルを少ししか開かないことにより、エンジンに入り込む空気の量を
抑えている。 これがポンプ損失になります。

【裏ワザ】

同じ車種の車があるとします。
そして車体の大きさ・車体の重さは同じですが
エンジンだけが小さいタイプと大きなタイプがあるとすると
同じように走行すると燃費がいいのはエンジンが小さなタイプとなります。

これは小さなエンジンでアクセルを深く踏むことによりポンプ損失が
少なくなり燃費が向上するためです。

1000ccを超えるようなビックバイクではアクセルを大きくあけることが
できないために自動車よりも燃費が悪いケースはこのような原因のひとつ
といえます。

運転指導者の匠として
商品一覧 お問合せ
space

お客さま サポート

お客さまサポート

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

縦列駐車.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報

Yahoo!
xlisting




掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。