【初級編】燃費を良くする方法 その1

車庫いれ.com スマートフォン専用サイト

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック > 【初級編】燃費を良くする方法 その1

【初級編】燃費を良くする方法 その1

space

3月16日に日産自動車は新型スカイラインを使って高速道路(栃木工場→京都→神奈川県厚木市)を早朝から深夜までに8名のテストドライバーが交代で運転を行ない1千km無給油走行に成功しました。

新型スカイラインは走りのイメージですが10・15モードで11.2kmの燃費性能ですが、今回のテストでは満タン法による平均燃費で16.3kmを記録し、10・15モードの燃費を約4割ほど上回りました。

ココ最近は燃費の良い軽自動車の販売が伸びていることから一般消費者は車の購入に燃費の良さを購買の基準の一つに加えているようです。

そして今回は今乗っている車でも乗り方次第によっては燃費を向上させる方法について複数回に分けて解説してみます。

簡単に燃費が良くなる運転方法とは、まず最初に燃費が良くなることを知るよりも、燃費が悪化させる原因が何かを知ることが一番大切で、燃費を悪化させる原因を少しでも取り除いた後に燃費が良くなる運転を行なうのがベストです!

それでは質問です!

普通乗用車で高速道路を時速100kmで走行中に燃費を一番悪化させる大きな原因は次の5つのうちどれ?

1.タイヤの転がり抵抗(空気圧などの抵抗)

2.タイヤの摩擦抵抗(タイヤ滑らないための抵抗)

3.空気抵抗(風圧による抵抗)

4.加速抵抗(加速するためにかかる抵抗)

5.重量抵抗(自動車や人の重さによる抵抗)

上記5項目はもっともらしい内容ですが、上記の抵抗の中で1番抵抗が大きい項目の抵抗は全ての抵抗の約65%を占めています。 時速100kmで約65%の抵抗を占めているのであれば、その65%を少しでも軽減できれば燃費は伸びますよね!

気になる答えですが、じつは空気抵抗なんです。

エッ!空気?と思われるかもしれませんが、空気抵抗は目に見えないだけにドライバー自身が気付きません。

この抵抗を知るのにいは、高速道路で窓を全開にすると音も凄いですが室内に入ってくる風も半端な量ではありません。

燃費を良くする運転方法の1つは速度に気を付ける。

【裏ワザ】

空気抵抗は一定ではありません。

空気抵抗は時速70kmを超えた付近から急激に抵抗が増加をします。
また空気抵抗は速度の2乗で抵抗が増すので、高速道路では最高時速を10km単位で下げる事で空気抵抗は大幅に減らすことができます。

運転指導者の匠として
商品一覧 お問合せ
space

お客さま サポート

お客さまサポート

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

縦列駐車.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報

Yahoo!
xlisting




掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。