【中級編】水抜き剤

車庫いれ.com スマートフォン専用サイト

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック > 【中級編】水抜き剤

【中級編】水抜き剤

space

そろそろ梅雨も本番になってきました。

最近ではセルフ方式のガソリンスタンドが増えたために記憶が薄くなっていると思いますが、一昔前にはガソリンスタンドで給油時に「水抜き剤」を入れましょうか?

とガソリンスタンドの店員に言われた事ってありませんか?

「水抜き剤」って本当に必要なの?
「水抜き剤」って効果があるの?

なんて疑問に思っていませんか?

今日の話題は「水抜き剤」について解説します。

まず、ガソリンに「水」なんて入っているの?と思っている方も多いのではないでしょうか?

一昔前に粗悪なガソリンを販売している業者のガソリンには「水」が入っている。
と言われておりましたが、粗悪なガソリンを販売している業者が入れているのは元素記号「H2O」(エッチ・ツー・オー)ではなく、ガソリンより比重の重い灯油などです。

ガソリンは価格が高いので、比重の重い灯油を混ぜる事によって原価を下げていた時代がありましたが、最近では様々な規制などもあり、一般的なスタンドはそのような行為は殆ど訊くことがなくなりました。

それでは「水抜き剤」は必要がないのか?

「水抜き剤」とは本当の「H2O」(エッチ・ツー・オー)「水」を取り除く商品です。

ではその「水」は石油メーカーが入れているの? 石油販売店が入れているの?
との疑問になると思いますが、まず石油メーカーが出荷する商品に混入することは殆ど考えにくく、また、ガソリンスタンドのガソリンを貯蔵しているタンクは地下にありますが、「水」が混入するほど雨水が入るようであれば、気化して爆発・炎上しています。

それでは「水」は何処から入るの?の疑問になりますが、実は殆どのケースで、雨天の給油時に雨水が入ったり、気温差により大気中の水分が溜まった状態となります。

車の燃料タンクに「水」が入ると、燃料タンクの底にガソリンより重い「水」が分離した状態で溜まります。

殆どの車は燃料タンクは底の部分からエンジンに燃料を供給するパイプが通っているからエンジンに「水」が混入し、インジェクション(燃料噴射装置)などが不具合を起こす可能性があります。

次に、「水抜き剤」についてですが、「水抜き剤」の主成分はアルコールです。

アルコールは「水」にも混ざり、油にも混ざる性質を持っているために「水抜き剤」を入れる事によってガソリンと水を混ぜ合わせて燃焼させるためのケミカル商品なのです。

【裏ワザ】

「水抜き剤」を注入する時には、燃料給油直前に入れましょう!
沢山の「水」/「ガソリン」の分母が大きくなり、エンジンに送り込まれる水の濃度が少なくなります。

運転指導者の匠として
商品一覧 お問合せ
space

お客さま サポート

お客さまサポート

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

縦列駐車.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報

Yahoo!
xlisting




掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。