【初級編】エンジン オーバーヒート

車庫いれ.com スマートフォン専用サイト

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック > 【初級編】エンジン オーバーヒート

【初級編】エンジン オーバーヒート

space

夏場になるとボンネットを開けて水蒸気が出ている車を見かけることが多くなります。

オーバーヒートの原因は複数ありますが、原因と対処法について解説します。

まず、オーバーヒートの一番多い原因はラジエター(冷却水)の不足によるものです。

高年式の車になると、エンジンルーム内のゴム製品は熱で劣化をしてしまいラジエターホースの亀裂から冷却水が漏れてオーバーヒートを起こすケースが圧倒的に多い。

次にファンベルトの切断や不良などによるものです。

オーバーヒートが発生した場合、できるだけ速やかに停車してボンネットを上げてエンジンは10分程度切らないでください。

エンジンを切ると、ファンベルトが停止して冷却水がストップして今まで以上に高温となり、エンジンに大きなダメージを与えます。

また絶対に行なってはいけないことは、ラジエターキャップはエンジンが完全に冷えるまで開けない事です。

高温時にラジエターキャップを開けると、中の冷却水が圧縮されてい
るのが、開放され噴出し、大火傷となります。

【裏ワザ】

駐車場などいつも止めている場所に緑色の液が漏れていればラジエターの液が漏れている。と思い、早めに修理工場に修理依頼を行なってください。

運転指導者の匠として
商品一覧 お問合せ
space

お客さま サポート

お客さまサポート

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

縦列駐車.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報

Yahoo!
xlisting




掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。