【初級編】通信販売型(ダイレクト)自動車保険ってホントに安いの?

車庫いれ.com スマートフォン専用サイト

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック > 【初級編】通信販売型(ダイレクト)自動車保険ってホントに安いの?

【初級編】通信販売型(ダイレクト)自動車保険ってホントに安いの?

space

今回も初級編 通信販売型(ダイレクト)自動車保険についてです。

前回は通信販売型(ダイレクト)自動車保険が保険会社ごとによって保険料が異なり価格だけの判断基準から車両保険の免責などの項目も考慮する方が良い。とお伝えしましたが、今回は通信販売型(ダイレクト)自動車保険は代理店が販売する通常の保険と比べて絶対に安いか?
について解説してみます。

まず、通信販売型(ダイレクト)自動車保険は一般的にナゼ安くできるのか?について知っておくべきだと思います。

保険代理店が販売する保険も通信販売型の保険でも保険会社が一番嫌がるのは、事故による保険金請求です。

一般的な自動車保険の場合、1年間で8万円程度ですが、1回の事故で保険会社が支出する保険金額は8万円なんて金額では納まりません。

車両保険を使う請求額で1回当たり20万円程度の請求が多く思われますが、事故でボンネットが「くの字」になると、50万~100万円になるケースもありす。

例えば1年間の保険料が8万円程度で1回の事故が50万円の支出ならば5年間無事故であっても諸経費から考えれば大赤字です。

まして複数の被害者が出る玉突き事故などは数百万円が動くケースもあります。
保険会社はできる限り事故が少ない保険加入者でなければ儲けることができません。

特に通信販売型(ダイレクト)自動車保険の場合は「リスク細分化型」と謳っており、事故の可能性が低いユーザーには保険料を安くして、事故のリスクが高いユーザーには高めに設定している。と言えます。

では、リスクの高いユーザーや車両とは?

リスクの高いユーザーは事故の前歴の回数が多い人です。

※何回も重大な事故を起こしても自動車保険の無加入期間が2年間を超えれば前歴は全て消えます。

ではリスクの高い車両とは?

それは、2ドアタイプなどのスポーツカーです。
フェアレディZやRX7など2シーターなどは非常に事故率が高く、車両の料率クラスが高ランク(車種別に事故の発生率を元に1~9クラスまでの係数がる)です。

ちなみに某損害保険会社の保険料計算ソフトでは(諸条件を一定にした場合)車両の料率クラスが1の場合 年間保険料が¥106,150円に対して車両の料率クラスが9になった場合、¥232,960円とナント220%も上がりました。

また先日、とある保険代理店さんからお伺いをした話ですが、トヨタのセルシオから新車のクラウン マジェスタに代替した時に、セルシオの車両保険が150万円だったのが、マジェスタに750万円に増額したのにも関わらず保険料は同等だった。

との聞き、車を乗り換えるときに保険まで気にしなければ恐ろしいことになる。
なんて話していました。

通信販売型(ダイレクト)自動車保険では事故率が高いユーザーや車両は保険料を高めに設定し、その代わりに利益率の高い事故率が低いユーザーなどに安い保険料を還元していることもありますので、スポーツタイプの車両は一般の代理店で販売する保険よりも高いと言えます。

最後に

通信販売型(ダイレクト)自動車保険でターゲットとなる保険料が安くなるタイプは?
それはファミリーカーで、土日など休日しか運転をしないようなサンデードライバーです。

それぁ、土日に買い物やレジャーに行く位なら事故を起こす確立が減るのは理解できます。

運転指導者の匠として
商品一覧 お問合せ
space

お客さま サポート

お客さまサポート

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

縦列駐車.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報

Yahoo!
xlisting




掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。