【初級編】物損事故

車庫いれ.com スマートフォン専用サイト

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック > 【初級編】物損事故

【初級編】物損事故

space

先週に続き、今回も事故に関する解説です。

事故で一番多い物損事故です。

物損事故とは、被害者にケガがない場合の事故であり、相手が車だけに限らず、駐車場内の設備やガードレールなど物を破損させた事故のケースとなります。

また、事故発生時は人身事故扱いとして警察に届出を行っていたが、加害者に少しでもいいように・・・。
と被害者側から人身事故を取り下げ、物損になるケースも多々あります。

物損事故は人身事故と大きく異なることは、行政処分がないことと、過失割合(被害者と加害者の責任)が発生しにくく、被害者側が100%悪い。

とのケースが多くなっています。

物損事故でよく勘違いをされる方がいるのですが、車検時に強制的に加入する自賠責保険(強制賠償保険)から相手の損害を保険から出る。

と勘違いされている方がたまにいております。

自賠責保険は、物でなく人に対しての保険であり、物損事故では全く意味を持たない保険です。

物損事故でトラブル

物損事故には大きなトラブルに発展する場合があります。
それは、相手の損害に対しての保険金支払いにより、レトロな車両などは市場価格は高値で取引されているのに年数が経過しており、法的な観点から見ると無価値と判断され、修理費が被害者が思った金額が出なかったり、ひどい場合には、部品が生産中止や高値で取引されている場合に被害者側の車両は全損扱いとして10万円程度の金額しか出ない場合もあります。

【裏ワザ】

最近の自動車保険では、上記のようなトラブルを保障する対物保険に超過修理特約などがあります。

人身事故では無制限補償が当たり前になりましたが、今までの判例でも1億を越えるケースは少数です。

対物事故では電車1本止める事故だけでも1億を超えるような請求が発生する場合があり、対物保険を軽くみずに対物保険に関する補償額は見直しを行ったほうが良いかもしれません。

運転指導者の匠として
商品一覧 お問合せ
space

お客さま サポート

お客さまサポート

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

縦列駐車.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報

Yahoo!
xlisting




掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。