【初級編】自動車のバッテリー(種類)

車庫いれ.com スマートフォン専用サイト

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック > 【初級編】自動車のバッテリー(種類)

【初級編】自動車のバッテリー(種類)

space

寒くなるとトラブルが増えるバッテリーについて連載でご案内します。

前回に続き、バッテリーについてですが、バッテリーの種類についてご案内します。

カー用品店などに行くと、前回のメルマガでご案内したバッテリーの記号が全く同じなのに、価格が違うケースがあります。

同じ記号なのに、なぜこんなに価格が違うのだろう?
と思わされることがあります。

そこで、現在のバッテリーには大きく分けて2種類あります。

まず、1つ目は昔ながらのバッテリーの上部に丸い蓋が付いているタイプのバッテリーと

2つ目はバッテリーの上部に丸い蓋が付いていないタイプのバッテリー

これは、メンテナンス仕様かノンメンテナンス仕様の違いです。

最近では、バッテリーの性能も向上してきましたので、メンテナンスタイプのバッテリーは一昔前に比べてバッテリーの水を補給する回数が減ったように思いますが、基本的にはバッテリーの水を補給しなければいけません。

そんな手間を省くために、バッテリーの水を一切補給しなくていい!
と謳ったのが、ノンメンテナンスバッテリーです。

このどちらを選択するかは、ユーザーの判断に委ねるところですが、私が選ぶとするならば、安い価格のメンテナンスバッテリーです。

その理由は、バッテリーは消耗品だからです。
どんなに高価なバッテリーを入れたとしても、車の部品の中では消耗度合いが激しい部品といえるからです。

バッテリーはエンジンの始動時が一番電気を消費するので、確実に
エンジンさえ始動できればバッテリーの大役は果たすことになるからです。

【裏ワザ】

以前、同一メーカー・同一記号のバッテリーが2種類あり、片方は¥9,800、もう片方は¥19,800のバッテリーがありました。

なぜ価格が違うのか?と思い、よく見てみると、価格が高い¥19,800のタイプは、3年間完全保証!

3年以内にバッテリー不良となった場合、費用なしで無料交換いたします!

と2倍以上の価格設定となっていましたが、よく考えると、バッテリーの寿命は約3年。

中身が全く同じバッテリーでも保証付きの方だと、万が一交換が1回あったとしても¥9,800より利益率が高い。

保証交換なしの場合は、利益率は2倍以上。

ユーザーの心理を上手く活用した戦略には感心しました。

運転指導者の匠として
商品一覧 お問合せ
space

お客さま サポート

お客さまサポート

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

縦列駐車.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報

Yahoo!
xlisting




掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。