【初級編】マフラーからの水

車庫いれ.com スマートフォン専用サイト

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック > 【初級編】マフラーからの水

【初級編】マフラーからの水

space

冬場になるとマフラーからポタポタと水が出ることがあります。

車を大切にしているお客様からエンジンから燃料が漏れているのでは? との質問も受けることがあります。

特に寒い冬場に多い、この現象について解説してみます。

まず、眠たくなりそうな話ですが、燃料の成分は凡そ炭素(C)が87%、水素(H)13%といわれています。

そしてその燃料を燃やして動力にするわけですが、燃料1に対して空気の量が8~16の割合で燃焼させます。

燃料1リットルだと、空気が8~16リットル必要になります。

そして大気中の空気ですが成分は凡そ窒素(N)が78%、空気(O)が22%大気中の成分の窒素は、燃えずに安定している元素だといわれており大気中の空気の内、22%しか燃やせない。 と言っても過言ではありません。

少し長々となりましたが、先程の燃料成分の水素(H)と大気中の酸素(O)が1個づつ結合するとHOとなります。

それが水素2個と酸素1個だとH2O(水)になります。

夏場などの外気温が高い時にはマフラー内で水蒸気になり、マフラーから目に見えていない状態ですが、水蒸気が出ています。

しかし、寒い冬場などは水蒸気が低い外気温に冷やされて水蒸気が水となり、マフラーから水となって出てくるのです。

【裏ワザ】

上記の現象により、マフラーから大量の水が出る。現象は完全燃焼に近い状態にさせている証拠です。

マフラーから水が出るのは、エンジンの調子が悪いときには出にくい現象ですから、水がポタポタと出ていることに不安を持つ心配は無く、逆にエンジンの調子がいいんだ!
と思ってください。

運転指導者の匠として
商品一覧 お問合せ
space

お客さま サポート

お客さまサポート

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

縦列駐車.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報

Yahoo!
xlisting




掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。