【初級編】ブレーキの音なり

車庫いれ.com スマートフォン専用サイト

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック > 【初級編】ブレーキの音なり

【初級編】ブレーキの音なり

space

ブレーキを軽く踏んだときに軽い音で「キーッ」という音がした場合は、ブレーキパットの残量が減っている可能性があります。

ブレーキの音なりには、2種類あり、一つ目の音は、ブレーキパットの面取り不足でブレーキパット交換直後に発せられる音です。

ディーラーなどでブレーキパットを交換する場合は、ブレーキパットの裏側にブレーキパット用のグリスを塗布したり、ブレーキローターの当たりを良くする為にブレーキパットの角をグラインダーなどで落としてから装着する場合がありますが、ディーラーでない整備工場などで交換した場合は面取りを行っていない場合があり、ブレーキを踏んだときに音なりがします。

このケースではブレーキパットを交換してから期間が経過していない時期に発せられる音なので、音がなり始めた場合は、整備工場に入庫すれば殆どが改善されます。

二つ目の音なりは、ブレーキパットの残量が減った場合に起こる音なりで、新品のブレーキパットの厚みは凡そ10mmていどですが、残量が2mm程度になると、パットセンサーという薄い金属がブレーキローターに当たり、金属と金属が擦り合う音が発せられます。

これは、ブレーキパットの残量が減ったことをドライバーに気付かせるために意図的にパットセンサーという金属を付けている為です。

ブレーキから音なりが出た場合は早めに整備工場に入庫しましょう!

【裏ワザ】

ブレーキパットから音が出なくてもブレーキパットが減ったことが分かる場合もあります。

それはサイドブレーキを解除しているのに、サイドブレーキランプが点灯している場合です。

これは、ブレーキパットが減ったことによりブレーキオイルの油量が下がるためにサイドブレーキランプが点灯します。

サイドブレーキを解除してもランプが点灯している場合は、ブレーキオイルが漏れているのか?
ブレーキパットの残量が少ないのか?サイドブレーキランプスイッチが故障しているのか?の3点のうちのどれかに該当するはずです。

ブレーキパットの残量が少ない可能性が非常に高いので、確認してみましょう!

運転指導者の匠として
商品一覧 お問合せ
space

お客さま サポート

お客さまサポート

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

縦列駐車.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報

Yahoo!
xlisting




掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。