【初級編】タイヤ交換時の知っておきたいポイント

車庫いれ.com スマートフォン専用サイト

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック > 【初級編】タイヤ交換時の知っておきたいポイント

【初級編】タイヤ交換時の知っておきたいポイント

space

今回のテーマはタイヤの交換時に選ぶポイントとなる項目について解説してみたい。と思います。

最近は、原油高の高騰により、タイヤの価格も10%以上の値上がりが続いております。

カー用品店などに行くと、同じタイヤのサイズなのに、高いタイヤと安いタイヤがあります。

タイヤの選ぶ基準が判らなければ、当然ですが安い価格のタイヤを選んでしまうと思います。

そこで、同じタイヤのサイズなのに、なぜ価格が違うのか?
について、まず価格の差は一体 何が違うのか?
についてですが、タイヤには大きく分けて3種類あります。

1.コストパフォーマンス重視の普及版
2.プレミアムカー用の静粛性と乗り心地重視の高級版
3.スポーツタイプの操作性と運動性能の高いスポーツ版

一般的にこの3種類によって価格帯は異なります。

通常のドライバーであれば、1のコストパフォーマンス重視
が一番多い選択だと思います。

A. タイヤメーカーによっての価格差

当然ですが、人気のあるメーカーのタイヤは高く、人気のないメーカーはブランド競争力が無いので、安めの設定になっています。

人気のあるメーカー

国内であれば、ダントツの1位であるブリジストン社海外は、ミシュラン(仏)、グッドイヤー(米)

この3社だけで世界のタイヤのシェアの60%を販売しております。

当然ですが、圧倒的なブランド力を持っているので、少し高めの価格設定であっても競争力はあるので、この3社については同じサイズでも価格は高い部類に入るケースが多くなっています。

B.タイヤモデルによっての価格差

次に、タイヤも当然ですが、年々進化をしています。
タイヤの構造・ゴム質・溝など、研究を重ね売れるタイヤにするために毎年、もしくは数年おきにモデルが変わります。

大量に生産した後は、在庫を売り切りますが、新型製品が発売される前や、在庫処分などで赤字覚悟の売り切りセールをします。

このような在庫処分セールは、殆どの場合4本セットのお買い得価格に設定されています。
当然ですが、タイヤが1本だけ残っても不良在庫となるので、4本セットもしくは2本セットで特売するケースが多くなります。

C.構造によるコスト差

一般ドライバーには見えないタイヤの基本構造などの部分です。
タイヤの表面は、溝やゴム質など見たり、触ったりすることができますが、タイヤの骨格である構造部分にコストを掛けているか?掛けていないか?
で当然ですが、価格差は生じます。

この構造部分の差は乗り心地や急ブレーキ・急ハンドル時に大きな差が発生します。

構造部分で一番重要なのが、タイヤサイズが書いている横の部分です。
この横の部分の強度が高ければフワフワ感などが無くなったり、急ブレーキ時にでも車体の安定性が異なります。

この構造の差は誰にでも体感できるほど大きな違いがあります。

【裏ワザ】

C.構造によるコスト差
の簡単な見分け方として、カー用品店で複数の同じサイズのタイヤを床に置き、タイヤを上から押さえつけたり、タイヤの上に腰掛けたりすると、同じサイズのタイヤでも強度が異なることが体感できます。

※以前に国内某タイヤメーカーのCMで、後藤久美子とジャン・アレッジが宣伝していたようにタイヤの上に腰掛けているシーンを思い出してください。

運転指導者の匠として
商品一覧 お問合せ
space

お客さま サポート

お客さまサポート

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

縦列駐車.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報

Yahoo!
xlisting




掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。