【初級編】自動車取得税 暫定税率

車庫いれ.com スマートフォン専用サイト

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック > 【初級編】自動車取得税 暫定税率

【初級編】自動車取得税 暫定税率

space

とうとう4月からガソリン税の暫定税率が1リットルあたり¥25引き下げられました。

また同時に自動車取得税も期限切れとなり、新車の購入時に支払う税金が5%から3%へとなり、2%も安くなりました。

しかし、いいことばかりではなく、中古車の購入時に評価額が50万円未満の車両は非課税だったのが、非課税枠が撤廃されたことにより、新車購入価格が200万円程度で3年落ち程度の車両であれば非課税枠に入っていたのが、課税対象になるケースが発生しております。

今回のテーマは、新車の取得税についての計算式で、具体的な取得税について明記してみます。

車両本体価格が250万円で、メーカーオプションのナビゲーション35万を装備した車両を購入したと仮定すると。

合計金額が285万円となります。
285万円の車両に対して課税対象額が-10%となるので、
課税対象額が256.5万円となります。

暫定税率廃止前は5%だったので、取得税は¥128,250円となります。

暫定税率が撤廃された現在では課税率が2%となるので、自動車取得税は¥51,300円となります。

よって、暫定税率が¥79,950円安くなる計算になります。

【裏ワザ】

自動車取得税は、車両本体とメーカーオプションが対象となります。

よって、ナビゲーションなどを装備する場合は、メーカーオプションを選択するとナビゲーションにも自動車取得税が掛かります。

現在のナビゲーションシステムは30万~40万程度はしますので、40万円のナビゲーションを付けると

暫定税率廃止前で¥18,000
暫定税率廃止後で¥7,200

が課税されます。

ディーラーオプションなどでナビゲーションを付けると、非課税枠になりますので、同じ金額のナビゲーションを装備しても暫定税率分が安くなります。

運転指導者の匠として
商品一覧 お問合せ
space

お客さま サポート

お客さまサポート

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

縦列駐車.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報

Yahoo!
xlisting




掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。