【初級編】自動車重量税 暫定税率

車庫いれ.com スマートフォン専用サイト

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック > 【初級編】自動車重量税 暫定税率

【初級編】自動車重量税 暫定税率

space

先週に続き、暫定税率のお話です。

このメルマガでは、暫定税率廃止のガソリン税、そして自動車取得税に関する話題を取り上げましたが、今回のテーマは自動車重量税です。

自動車重量税とは、国税で新車の登録時と車検時に課税され、課税金額は表題の通り、車の重さに比例して課税される税金です。

自家用乗用車の場合、暫定税率廃止前は車両重量が0.5t当たり、1年間で¥6,300となります。

一般的な普通乗用車は1.5t未満なので、

¥6,300×3=¥18,900となります。

新車であれば車検の有効期限が3年なので、これの3倍となり、車検受けの場合は、2年なので、2倍となります。

これが、暫定税率廃止に伴い、¥2,500となり、0.5t当たり¥3,800安くなります。

すると、上記のケースで換算すると、新車購入時には¥22,500となり、¥34,200も安くなります。

そして、車検受けの場合は2年なので、¥37,800
だった重量税が¥15,000となり、¥22,800
となります。

【裏ワザ】

車検受けが平成20年7月に迎える方などは車検を早めに受けると安くなるケースがあります。

車検の申請は、満了日の1ケ月前から有効ですから、車検の有効期限が残り2ケ月だった場合などは、暫定税率が撤廃されているうちに早めに受けることにより、暫定税率分が安くなり、車検費用を抑えることが可能です。

しかし、車検満了1ケ月以上あった場合は、残りの期間を捨てることになるので、次回の車検の有効期限は早くなります。

目安としては1~2ケ月前なら早期に車検受けをしている方がお徳になるケースがあります。

あと、早期に車検を受けた場合には、自賠責保険も短期契約に変更することで自賠責保険料の削減も可能となります。

運転指導者の匠として
商品一覧 お問合せ
space

お客さま サポート

お客さまサポート

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

縦列駐車.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報

Yahoo!
xlisting




掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。