【初級編】ガソリン車とディーゼル車 どちらが環境に優しい?

車庫いれ.com スマートフォン専用サイト

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック > 【初級編】ガソリン車とディーゼル車 どちらが環境に優しい?

【初級編】ガソリン車とディーゼル車 どちらが環境に優しい?

space

ここ数年は、環境問題がクローズアップされ、特に日本ではディーゼル車が悪者扱いにされてきました。

しかし、ヨーロッパ諸国ではガソリン車よりディーゼル車の方が環境に優しい。

ということで、日本に比べて乗用車でもディーゼル車が主流となっております。

日本では悪者扱いなのに、ヨーロッパ諸国ではディーゼル車は
環境に優しい車?

疑問が沸いてきますよね。

今日はガソリン車とディーゼル車どちらが環境に優しいのか?

がテーマです。

まず、ガソリン車とディーゼル車の違いですが、皆さんもご存知の通り、燃料が異なります。

ガソリンは、揮発性の高い物質で、常温でも気化するため取り扱いも厳しい燃料です。

そして、ディーゼル車の燃料は軽油となっており、常温では気化しない物質です。

当然ですが、上記のようにガソリンは気化するほど燃えやすくて軽油は燃えにくい燃料です。

ですから、基本的なエンジン構造は同じですが、大きく異なることがあります。

それは、ディーゼルエンジンには、発火させるためのプラグが付いていないのです。

なぜプラグが付いていないのか?については、またのテーマにしますが、

ディーゼルエンジンは、ガソリンに比べて燃焼効率が高いので、環境問題となっている地球温暖化の原因とされる二酸化炭素(CO2)の排出量が少ないのです。

では、日本では悪者扱いにされる原因ついては裏ワザでご紹介いたします。

【裏ワザ】

日本でディーゼルエンジンが悪者扱いにされるのは、みなさんもご存知の通りディーゼル車のマフラーから排出される黒煙です。

この黒煙のことを専門的にはパティキュレート マーター(浮遊粒子状物質)です。

この黒煙が現在の喘息(ぜんそく)などを引き起こしている原因といわれているために黒煙の排出量を規制しているのが、現在のディーゼル規制です。

日本はヨーロッパ諸国に比べて国土が小さいため、喘息を引き起こす黒煙の量を削減しなければ健康被害が増大する。との観点から日本ではディーゼル車が悪者扱いにされています。

しかし、地球温暖化を考えれば、ディーゼル車が有利となるので、どちらを選択するのか? の違いになってきます。

運転指導者の匠として
商品一覧 お問合せ
space

お客さま サポート

お客さまサポート

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

縦列駐車.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報

Yahoo!
xlisting




掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。