【初級編】ハイドロップレーニング現象

車庫いれ.com スマートフォン専用サイト

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック > 【初級編】ハイドロップレーニング現象

【初級編】ハイドロップレーニング現象

space

6月に入り、梅雨の季節となりました。

雨が降ると、高速道路などでは必ず。といっていいほど事故が発生します。

今回のテーマはハイドロップレーニング現象について解説してみます。

自動車教習所などではハイドロッププレーニング現象は習ったことがあると思いますが、ハイドロップレーニング現象を体験した人は少ないのではないか?と思います。

ハイドロップレーニング現象とは道路上に雨などの水が溜まりその上を磨り減ったタイヤ溝がの排水能力を超えた瞬間に水の上を走るようにハンドルやブレーキが効かなくなってしまう現象です。

ハイドロップレーニング現象の多くはタイヤが規定の溝の深さが無くなっているケースに発生しやすくなっております。

新品のタイヤの溝は8mm程度はありますが、タイヤの交換時期を示すスリップラインは1.6mmです。

このスリップラインを超えた1mm程度の溝であれば時速100km程度でもハイドロップレーニング現象が発生します。

このハイドロップレーニング現象は、溝の深さだけではなく、車体の重量に大きく関係しています。

重量車両などは車体の重さがあるために溝が少なくなっても発生しにくいですが、軽自動車など車体の重量が軽い車は規定の溝があってもハイドロップレーニング現象が発生しやすくなります。

私も経験したことがありますが、直線道路などでハイドロップレーニング現象が発生すると、エンジンの回転数が急に上がり、スピードメーターは動かないのに、タコメーターだけが上がります。

【裏ワザ】

ハイドロップレーニング現象が発生した場合は、ハンドル操作やブレーキ操作は厳禁です!

タコメーターなどが急激に上がってきた場合は、必ずアクセルから足を離し、タコメーターが正常な回転数に戻るまでハンドルを真っ直ぐの位置にして動かさずにいると、ハイドロップレーニング現象から抜け出すことができます。

運転指導者の匠として
商品一覧 お問合せ
space

お客さま サポート

お客さまサポート

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

縦列駐車.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報

Yahoo!
xlisting




掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。