【初級編】低燃費走行(惰性走行)

車庫いれ.com スマートフォン専用サイト

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック > 【初級編】低燃費走行(惰性走行)

【初級編】低燃費走行(惰性走行)

space

8月に入り、ガソリン価格が上がり続けています。

ニューヨークの原油先物相場は7月中旬以降から1バーレル145ドル程度だったのが、現在では
20ドルほど安くなり、125ドル前後を行き来しております。

1バーレル、1ドルでガソリン価格が¥0.7円変動する。

と言われておりますから、9月は¥15円程度は下がる見込みはありますが、ガソリン価格が上昇し続け、石油メーカーは今までの赤字分を解消するためにそれほど下げない可能性もあります。

そこで今回は、低燃費走行法の知識としてアクセル編に焦点を絞って解説してみます。

低燃費走行法は、テレビニュースなどで様々な方法を放映していたりしておりますが、複数の操作方法を言われても、なかなか頭に入らないのが人間です。

低燃費走行を行う場合、一番効果的な低燃費走行は、なんと言ってもアクセルの操作方法です。

私は、石油会社や運送会社で低燃費セミナー講師を務めている関係上できる限りドライバーに対して簡単に低燃費走行ができるように指導しておりますが、アクセル操作の重要性を強調しております。

難しい解説を省くと、アクセルは水道の蛇口と良く似ています。

水道の蛇口も開閉すると大量の水が出てきますが、アクセルも同様に深く踏み込むと、エンジンに大量の燃料を供給しようとします。

ですから、できる限り無駄なアクセルの踏み込みは行わないことです。

あと、技術の進歩により、エンジンのコンピューターは、走行条件にあわせて燃料ポンプを制御していますが、走行中でも殆ど燃料を消費しない走行状態があるのをご存知でしょうか?

【裏ワザ】

走行中に燃料を消費しない状態とは、走行中にアクセルを離してエンジンブレーキが効いている惰性状態です。

この惰性状態では、2000ccクラスの乗用車でもリッター100kmという信じられないほどの低燃費走行状態となります。

低燃費走行は、できる限りアクセルを離した状態の惰性距離を伸ばすことです。

前方の信号が赤で止まらなければならない場合、早めにアクセルから足を離して、惰性の距離を伸ばせば、簡単に燃費は向上します!

運転指導者の匠として
商品一覧 お問合せ
space

お客さま サポート

お客さまサポート

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

縦列駐車.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報

Yahoo!
xlisting




掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。