【上級編】エアコン(フロン)ガスの点検方法

車庫いれ.com スマートフォン専用サイト

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック > 【上級編】エアコン(フロン)ガスの点検方法

【上級編】エアコン(フロン)ガスの点検方法

space

まだまだ残暑が厳しい時期が続いています。

こんなに暑い時期にエアコンを使わずに運転はできないほど車内は暑くなっています。

車のエアコンは、全く効かない場合はコンプレッサーの故障が考えられ、コンプレッサーが故障すると部品と工賃を含めて国産車で20万円程度は掛かってしまいます。

あと、エアコンは効くが、冷えが悪いケースがあります。

エアコンの効きが悪いケースは、2つのケースが考えられ、まず、1つ目は、エアコンフィルターがホコリなどで汚れているケースです。

たかが、ホコリ。と思うかもしれませんが、このフィルターを清掃するだけで冷え方は全く違います。

2点目のケースですが、このケースが一番多い原因です。

自宅のエアコンなどは、据付されているので、地震など大きな揺れがなければ、殆どエアコンガスが漏れ出すことはありませんが、自動車のエアコンは、長い走行中の振動により、エアコンガスの接続部分からガスが微妙に漏れ出しています。

このガスが微妙に漏れ出すと、何かエアコンの効きが悪いな!
と思う現象になります。

エアコンガスは定期的に点検しましょう!

【裏ワザ】

エアコンガスの点検方法ですが、ボンネットを開けて、250cc程度の飲料水のアルミ缶みたいな部品があります。

その部品の上部にガラス製の覗き穴があります。

エンジンを始動させ、エアコンのスイッチを入れた状態でレーシング(空ぶかし)をすると、覗き穴から泡状の白い液体が見えます。

この白い泡状の液体が見えればエアコンガスの充填は大丈夫です。

白い泡状の液体が全く見えない場合は、エアコンガスが不足しています。

運転指導者の匠として
商品一覧 お問合せ
space

お客さま サポート

お客さまサポート

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

縦列駐車.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報

Yahoo!
xlisting




掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。