【初級編】ブレーキパットの残量

車庫いれ.com スマートフォン専用サイト

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック > 【初級編】ブレーキパットの残量

【初級編】ブレーキパットの残量

space

車検前だったら、車検時にどの程度の予算が必要か?

すごく気になりますよね。

また、中古車を購入する時に、ブレーキパトの残量によっては、1年以内に交換しなければならないほど消耗していたら嫌ですよね。

ブレーキパットの残量を確認したければアルミホイールの隙間からブレーキパットを覗くことが可能な車両もありますが、スチールホイールだったり、スチールホイールにホイルキャップが装着されていると外見からブレーキパットを覗くことができません。

100%とは言えませんが、ある参考程度になるブレーキパットの残量を見る方法があります。

その方法とは、ボンネットを開けると、エンジンの後ろ側でフロントガラスの下側の運転席側にストロー程度の太さがある銅管が数本出ている部品があります。

その銅管の上に白色をしたコップ半分程度の入れ物があります。

これが、ブレーキオイルを入れるタンクになります。

このタンクには線が2本あり、下側が(MINI)上がわが(MAX)と書いてあります。

これは、ブレーキパットが減ってくると、ブレーキホースの中の ブレーキオイルが不足するため、このタンクから不足したオイルを補充するためにブレーキオイルの残量が減る仕組みになっています。

ですから、ブレーキパットが減ってくると、ブレーキオイルタンクの残量が(MAX)の線より下がってくるので、この残量を見ることでブレーキパットの消耗具合を見ることができます。

特に、新車購入時から最初の車検では、ブレーキパットが新品の状態でブレーキパットも同様に新品なので、この残量を確認することで正確に残量を確認することができます。

【裏ワザ】

この方法で注意をしないといけないのは、2回目以降の車検です。

前回の車検などでブレーキパットを交換せずに、ブレーキオイルの交換もしくは、継ぎ足しなどした場合は正確な残量を確認することができません。

簡易な判定方法として覚えておいてください。

運転指導者の匠として
商品一覧 お問合せ
space

お客さま サポート

お客さまサポート

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

縦列駐車.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報

Yahoo!
xlisting




掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。