【初級編】トルクコンバータ

車庫いれ.com スマートフォン専用サイト

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック > 【初級編】トルクコンバータ

【初級編】トルクコンバータ

space

車に詳しい方や、運転歴が長い方なら知っている用語ですが、一般的な方には聞きなれない用語です。

トルクコンバータとは、AT車(オートマチック)のことです。

自動車関連の方はトルコン車とも呼んだりしております。

昨今の燃料高などにより、自動車メーカーは小型車にトルクコンバータ方式ではなく、燃費に優しい方式であるCVT方式を採用しておりますが、このCVTはトルクコンバータとは異なります。

トルクコンバータは、ホンダ社を除く殆どの世界の自動車メーカーで採用されるほど簡易な構造と効率的な動力伝達方式といえます。

※ホンダ社は、トルクコンバータの特許を使用しない独自の方式であるホンダマチックという方式を採用しております。

このトルクコンバータの原理ですが、簡単に説明すると密封した箱の中にオイルが入っており、エンジン側と動力側にそれぞれ2つの扇風機みなたいな羽があり、オイル(流体)を介してエンジン側の羽が回ると、動力側の羽が回る仕組みです。

よって、トルクコンバータのオイルは非常に重要な役割を担っているのですが、このオイルはとてもデリケートな部分があります。

それは、髪の毛ほどの細い通路を通ったりするので、トルコンオイルを交換する時に髪の毛など異物が入りこむと、故障の原因となります。

トルコンが故障すると、50万円以上の修理費用が掛かるので、トルコンオイルを交換する時には信頼できる整備工場で交換することをお奨めしております。

【裏ワザ】

トルコン車のオイルは、ドライブレンジ(D)に入れていないとオイルが循環しない方式になっているので、走行中にニュートラル(N)に入れて走行すると、損傷する危険性が高まります。

トルコン車を牽引する場合などは必ず低速(時速30km)未満で牽引しなければ破損する危険性が高くなります。

運転指導者の匠として
商品一覧 お問合せ
space

お客さま サポート

お客さまサポート

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

縦列駐車.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報

Yahoo!
xlisting




掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。