ガソリン価格が下落している原油価格が下落している理由について

投稿日: 作成者: shakoire

久々にブログを更新します。

原油が下落してガソリン価格が安くなっている理由を一般消費者が理解できるように解りやすく解説するため、業界関係者から詳細は違うという指摘があるかもしれませんが、素人向けの記事として概要は理解できると思いますのでご了承ください。

2015年の夏以降じわじわと原油価格が下落し始めて、2016年1月に入ってから更に原油が下落しています。

 

2008年のリーマンショック前には原油が史上最高値で1バーレル(159リットルのこと)が147.27ドルでした。

 

その頃は中国がとてつもない経済成長だったのと、原油を採掘する国が限られており、また新たな採掘をしても製品として輸出できるようになるまで十年単位での採掘設備建設期間が必要でした。

2008年当時は石油生産国がフル生産しても世界の消費が多く、その余剰量は1%未満と言われており、ギリギリの状態でした。

例えるなら、東北地方太平洋地震が発生した後の原発が停止し、夏場に電力需給がひっ迫していたような状態ですね。

 

原油は先物取引として、現在の価格を決めるのではなく、先の取引価格で取引されるので、この先も【消費>製造】ならば取引価格が上昇し、その逆で【消費<製造】ならば取引価格が下落するのです。

 

2016年1月現在では完全に【消費<製造】の状態なので原油を安くしないとが売れない状態なのです。

 

では一体なぜ2008年頃からたった6年という短い期間でこのような構図になってしまったのか?

その理由は中国経済が低迷しているのも理由ですが、その低迷する前から原油安になる原因があったのです。

 

原油価格が大きく下落している理由は4つです。

1.シェールオイル革命

2.中国経済の低迷

3.中東問題

4.イランの経済制裁解除

 

1.シェールオイル革命とは

原油の殆どは中東地域で製造され、サウジアラビアが有名な生産地です。

OPEC(オペック)という名前を見たり、聞いたりしたことがあると思いますが、中東地域の複数の国々が共同で作った協会みたいなもので、需要と供給のバランスを考えて高い価格で原油を販売できるように世界経済の動向を見ながらOPECに加盟している国々が生産量を調整することで原油価格の維持をしていたのです。

 

それがシェールオイル革命という技術で(アメリカとカナダで確立された採掘方法)アメリカも原油を中東からの輸入でしか賄えなかったのが、技術革新によって自国生産で賄えるようになりました。

2015年までは原則 原油の輸出が禁止されていたのに、輸出できるようになったことで世界経済第一位の原油を大量消費するアメリカへの輸出が減ったことで原油の下落が始まりました。

 

次にOPECは、シェールオイル革命が新たなライバルとして台頭してきたので、それを潰すためにOPECの生産量を維持したことで原油が大幅に値下がりさせてシェールオイルを採算割れに持ち込もうとしたことで更に原油が値下がりしました。

 

2.中国経済の低迷

これは新聞やニュースなどで報道されているので知っている方も多いと思います。

世界第二位の経済大国である中国の景気が低迷して原油の消費量が落ち込んでいるために原油を製造しても売れない状態になりつつあるため原油価格が更に下落しました。

 

3.中東問題

多くの内紛や宗教問題などでOPECに加盟して連携をしていた国が分裂状態となり、原油の生産量を統制できなくなってきている。

 

4.イランの経済制裁解除

イランは核開発を行っていることで経済制裁を受けていたのが、核開発を他国が軍用に使用しないと思われる基準まで引き下げたことにより、経済制裁が解除されたことでイランが原油を輸出できるようになることで、少ない消費の時期に更に原油が製造販売されることで更に原油の下落が始まった。

 

原油価格について

一般消費者にとっては原油価格が下落するとガソリン価格が連動して安くなるので大歓迎!

因みに2016年1月の原油価格は30ドル程度ですが、1996年の日本がバブル経済の頃は15ドル程度でした。

 

ただ原油安は一時的には嬉しい要因ですが、世界経済にとっては大きな負債を抱えていることになります。

 

それは中東地域では今まで原油で大儲けしていたお金を世界各国の株式や先物に投資していました。

アラブでは今の原油安によって1年間に10兆円もの財政赤字に転落しているとのことです。

一時的には今まで儲けたお金で何とかなりますが、10兆円もの財政赤字になると長期的には続きません。

 

原油下落によって投資していたお金を引き上げることにより、世界同時株安になり、ガソリン価格が下がって喜んでいるのも今のうちだけ。

結果は企業の倒産などで後からしわ寄せがきてしまうことになってしまうので、難しいところです。

 

因みに原油価格が何ドルならば売る方・買う方のバランスが取れているのか?

それは明確ではありませんが、経済産業省の役人から聞いたことですが80ドル前後がベストとのことです。

 

原油価格は一つの要因だけでなく、様々な要因によって動いているのです。

カテゴリー: 雑談 | コメントする

今年のGWは高速道路の渋滞が酷かった

投稿日: 作成者: shakoire

今年のGWは私が予想していた以上に渋滞が酷かったです。

 

私が記憶している限りでは2009年に景気対策として一時的にあった1000円高速。

とっても懐かしいですね。

 

首都高速など一部の高速道路を除き、一度高速に乗ったら出口を出るまで距離に関係なく1000円という時代がありました。

 

今年のGWはそれに匹敵するほど車でのレジャーが多かったのではないでしょうか?

 

この理由は、まずガソリン価格が低かったこと。

ここ数年は原油高の影響によりガソリン価格が高かったこともあり、1000円高速が終了したことも影響したのか思ったほど渋滞してませんでした。

 

あと日程的な問題もありますね。

 

今年のGWの土日祝日は連続していたこともあり、日祝しかお休みがないパパも家族のためにドライブ。

このようなことが影響したと思われます。

 

渋滞は嫌ですが、車を動かさないことには車業界は決して潤わないので、いいことかもしれません。

 

カテゴリー: 雑談 | コメントする

ブログを不定期発行に変更します。

投稿日: 作成者: shakoire

早いものでこのブログを開設してから2年となりました。

 

毎日 記事を書く内容に苦しんでいましたが、2年間継続できたことでコンテンツはとても充実したと思っています。

 

 

今後は不定期で発行し、充実した内容にしていきたいと思います。

 

毎日 ご購読いただきました方々に感謝申し上げます。

 

ありがとうございました。

カテゴリー: 雑談 | コメントする

DVDなんか観ただけで本当に上手くなるのですか???

投稿日: 作成者: shakoire

車庫いれ.comをご購入する前にDVDなんか観て本当に上手くなるのだろうか?

 

このような質問や疑問に思っている方は多いと思います。

 

また不信感を持っている方もいると思いますし、完全否定される方がいても当然でしょう!

 

私は世の中は様々な考え方の人がいるから成り立っていると思っているので、何とも思わないタイプだと思っているのですが、ただ否定的な意見を言う人に限ってのことを言いたいと思います。

 

それは自ら体験していないにも拘らず否定的な意見など言うタイプの人です。

プロ野球なんかでも熱心になっているからなのかもしれませんが、プロの選手に向かってあいつは下手とか言っている人は要注意です(笑)

 

少なくてもプロなんだから一般の人より上手いに決まっていますし、アマチュアのトップレベルよりもお金を貰って生業としているので、遊びでやっている人よりは桁が違うほど上手くて当然。

 

ヤジを飛ばしている人はプロだからこれくらいできて当然だろう!

このような考え方ならプロはもっと頑張らなくてはいけない・・・。

 

 

話は飛びましたが、DVDを観ただけで本当に上手くなるのか?

 

正直にお話しします。

観ただけでは上手くなりません(笑)

 

ではDVDを販売している以上は私もプロです。

1円でもお金を貰って指導する立場ですからプロなのです!

 

実はDVDには運転が上手くできない男性が実際に運転している映像が入っているのですが、車の運転はナゼか上手くない人というのは、上手く運転ができない運転方法で運転するから下手なだけなのです!

 

要は簡単なお話、敢えて難しい運転方法で運転しているから運転が上手くできないのですね。

 

ですからDVDでは運転が上手くない男性に運転してもらい、その運転方法は難しい運転方法で、理由を説明して違う方法を教えているだけなのです!

 

だからスグに上手くなっていく人がいるのです。

 

例えば、運転が上手くない人の特徴としてシートポジションを異常なほど前にしますが、シートポジションを前にしたら幅寄せや車庫入れは絶対に難しくなってしまうのに、シートポジションを前にすると運転がしやすいと思って前にすることで運転が難しくなってしまう。

 

それ以外にも停車中にハンドルをグルグルと回すスエ切り。

笑っちゃいますけど、停車中にいくらハンドルをグルグル回しても車は動いていませんから当然ですが車体の角度なんて一切変わらない(笑)

 

このようにちょっとした錯覚のために運転が難しくしてしまっていることを、ナゼという明確な理由を教えてあげて改善方法を教えると難しい運転をしなくなるので勝手に上手くなるのです。

 

否定されている方。

自分が実際に体感して、自分自身で感じたことを言うようにしてくださいね。

あなた自身が否定される立場に陥ってしまいます。

 

カテゴリー: 雑談 | コメントする

馬鹿げた判決 対向車線をはみ出してぶつけられた側に損害賠償

投稿日: 作成者: shakoire

今からちょうど一週間前の2015年4月13日に馬鹿げた判決が言い渡されました。

 

それは福井地裁での判決ですが、センターラインをはみ出して対向車線に出た側の助手席の人が亡くなったことにより、通常であれば加害者側の遺族が車線を守って反対車線を走行していた側に損害賠償請求の裁判を起こした判決でナント車線を守って走行している側に対して4000万余りの損害賠償を命じる判決でした。

 

私は車業界に長年携わっていますが、こんな馬鹿げた判決をよくも言い渡したものだと思いました。

 

車線をはみ出した側が当然ですが車線を守って走行している車両に加害を加えたのですから、通常であれば助手席に乗っていた方が亡くなられても同乗して運転していたドライバーに対しての損害賠償請求であれば納得もできるものです。

 

今回の判決では車線を守って通常走行していた相手方に対して走行していたこと自体を否定した判決ではなく、反対車線を通常通り走行していても無過失であることを証明しなければならない。

このような趣旨の判決でした。

 

簡単に解釈すると、車線を守って走行している車両であってもドライブレコーダーなどの動かぬ証拠を提出しなければ損害を賠償しなければならない。

 

このようなことのようです。

 

最近はドライブレコーダーを装備されている方が多くなっていると思いますが、ドライブレコーダーは必需品となるでしょう。

カテゴリー: 交通事故, 雑談 | コメントする

雨天時の事故を大幅に減らす透水性舗装道路

投稿日: 作成者: shakoire

今日は発達した南岸低気圧の影響により西日本を中心に大雨の予想のようです。

 

私は関西に住んでいたこともあり、高速道路で雨が降ると必ずと言っていいほど事故が多発する場所があります。

またこの場所で事故が発生すると大きな事故になる確率が非常に高い。

 

その場所とは中国自動車 上り線 名塩サービスエリア付近です。

中国自動車 名塩サービスエリア付近

nashio

 

この写真を見ていただいてもナゼ事故が多発するのか?

理解しにくいかもしれませんが、凡そ5kmに渡ってキツイ下り坂の途中に名塩サービスエリアがあります。

 

クルマは下り坂になると慣性モーメントという法則によってブレーキの利き具合が平地に比べると落ちます。

この現象は車体が重くなればなるほど顕著に出てきます。

 

乗用車しか運転したことが無いドライバーはそのような感覚は一切ないため、長い下り坂の途中にある名塩サービスエリアから無理やり本線に合流しようとして本線を走行している大型トラックなどが急ブレーキを掛けても停止せずに追突事故や横転事故などが頻発するのです。

 

この名塩サービスエリア上り線(大阪方面行)の事故は今から20年ほど前は雨天になると必ず発生しており、事故がひどい場合は高速道路の遮音壁を突き破って高速道路と並行している一般道にトラックが落ちてくるほどの事故もありました。

 

それが今でも事故は多発するエリア出ることは確かですが、大きな事故の確率は非常に減りました。

 

その事故が大きく減った理由は路面の改善なのです!

 

透水性舗装道路という雨天時 路面に雨水が落ちるとアスファルトを通過して下側に流れ落ちるため、この透水性舗装道路でなかった場合は路面の上を雨水が溜まり、排水溝へと流れている違いにより格段に雨天時の事故が減ったのです。

 

透水性舗装道路について

 

雨天時はどのような環境であれ晴天時との運転を変えなければ同じようには運転できません。

大雨の予想ですから安全には十分にご注意ください。

 

カテゴリー: 雑談 | コメントする

新車をできるだけお得に買う方法について

投稿日: 作成者: shakoire

昨日の記事ではクルマを買い替える時にはできる限り新車で購入し、長い期間乗る方が費用対効果的にはお得だと書きました。

 

クルマは購入する人の使用目的によって大きく変わりますが、費用対効果だけを考えた場合は新車の軽自動車の人気機種で且つ、車体の色は黒色を選んでおけば、ほぼ間違いなく費用対効果は高くなります。

 

なぜか不思議なことに黒色の車体色は手入れが大変なのですが中古車市場では昔から人気色で、同一車種であっても黒色だった場合中古車買い取り価格が30万円もの開きなんてこともありました。

 

 

ではでは

本題に入り、新車をできるだけ安く購入する方法についてですが知っておいてもらいたいことは特に日本の自動車メーカーは本当に車を安く作っています。
※どの日本メーカーでも同じこと

 

例えばタイヤを4本購入する場合、普通乗用車なら安くても4万円程度はします。

それが新車でタイヤは付いている・ハンドルだってエンジンだって大量の鉄板やガラスなど数万点もの部品で出来上がっている車が300万円もしない価格で販売されていること自体が奇跡的というか、自動車メーカーの努力の賜物なのです。

 

ですから新車をできるだけ安く買いたい!といっても元々原価率が低い新車を無限に安くすることなんて不可能です。

 

因みに私が感覚的に国内新車の原価率は15%未満だと思っています。

 

例えば300万円の車であれば新車ディーラーの仕入れ値は45万を引いた255万円程度

事実上ですが原価を割って販売する時期もありますが、2・3月の決算時期で販売台数を伸ばしたい!

このような時期に限られてくると思います。

 

大体の原価を知ったら、次に大切なことは販売する営業マンも人間です!

心を持った人間です。

安く買うためだけに複数の販売店に天秤を掛けるユーザーもいますが、殆ど変りません。

私から言わせれば得した気持ちで損しているだけ!

 

ディーラーは新車の15%未満の利益率から値引きをしますので、新車を売って利益を得ることはほとんどできない。

だからディーラーオプションやガラスコーティング・保険の契約などの費用を計上して、そこで利益を確保している。

 

新車ディーラーの営業マンだった私だったらどうするか?

利便性を考えて近くのディーラー2社程度で 1回だけの商談。

一発勝負で見積もりだしてください。と営業マンに言って安い方で買います。

それ以上は望みません。

 

ポイントは一発勝負!

これは販売する側の営業マンもダメ元で勝負価格を提示してきますし、負けても勝っても嫌な思いをしません。

 

一番嫌なのはネチネチタイプ。

これは買った後で得する情報など、教えてもらえず結果は大損しているのです!

 

車庫いれ.comのサポートユーザーについてはココでは絶対に掛けない方法をお教えしています!

※新車の値引きについてネット上で検索してもあまり参考にはなりませんよ!

カテゴリー: 雑談 | コメントする

新車購入時のアドバイス

投稿日: 作成者: shakoire

昨日に長年お付き合いしているクライアントから連絡が入りました。

 

このクライアントはご夫婦と女のお子さん2人の4人家族で、お子さんが小学生の若い一般的なサラリーマン家庭です。

 

このクライアントが乗られているお車は国産の1800ccクラスのセダンです。

 

この車はご夫婦の親御さんが会社経営をしており、新車の購入時に下取りに出さずに約10年ほど前に無償で譲り受けたものでした。

 

奥さんは運転に不慣れだったこともあり、最初は何度も車を壁などにぶつけていましたが外観は修理せずに安全に走行できるようにアドバイスをしてきました。

 

サラリーマン家庭では車を維持したり買い換えたりするのは経費ではなく、課税され税金を引かれて残ったお金で買うのが一般的です。

 

ですら私はこのクライアントに対しては「走る・曲がる・止まる」という安全に関すること以外は車にお金を掛けずにお子さんの養育費や美味しいものを食べる費用に回した方が得だとアドバイスしてきました。

 

しかし・・・。

様々な理由からとうとう無償で譲り受けた車を買い替えないといけない事情になってきました。

 

そこで私がアドバイスしたのは、中古車で無く安くてもいいから新車の購入を勧めました。

 

新車の購入を勧めた理由は、国産車であれば基本は3年間、走る曲がるに関しては5年間のメーカー保証が付いているので、ちょっと背伸びしても購入後に故障などで予想外の出費する可能性非常に低いことと、新車は自動車メーカー・ディーラーも一番利益幅が少ない商品だからお得なのです。

 

決して中古車を否定する訳ではありませんが、中古車を購入する場合は中古車業者がオークション会場などで仕入する時に発生する利益・そして中古車業者も営利企業ですから利益の上乗せをすることによって、中古車で購入すると無償のメーカー保証期間が短かったり、切れていたり、流通ルートによっては多くの利益が上乗せされているので費用対効果的にはお得とは言えないからです。

 

このような理由から新車の購入を勧めました。

私もこのような理由からですが、新車で購入して乗り換える時には売却益が出ないほど長年に渡って乗り続け、完全に償却した状態で新車を買う。

 

考え方の違いはあっても一番お得な買い方と思っています。

※中古車であっても本当に安くて費用対効果の高いケースはありますが、必ず見つかる保障がないので新車に的を絞っています。

 

次回の記事では新車を購入する時のポイントについて、元ディーラーの営業マンの立場から裏話をさせて頂きます。

 

カテゴリー: 雑談 | コメントする

自分でクルマのエアコンを洗浄してカビ臭さをとる

投稿日: 作成者: shakoire

昨日の記事では少し暖かくなったこの時期頃からクルマのエアコンをつけると強烈にカビ臭い匂いがする原因について解説してみました。

 

家のエアコンはある程度エバポレーターなどにカビが発生しにくい構造になっていたり、様々な取り組みによって衛生的になってきております。

 

ところがクルマのエアコンについてはドライバーの使用環境によっては本当にエバポレーターに大量のカビが発生してしまいます。

 

夏場にエアコンを使った後に車の駐車場が風通しの悪い場所や湿度の高い場所だったりするとエバポレーターはスグにカビだらけになってしまいます。

 

クルマのエアコンのカビ臭さを消すためにエアコンの吹き出し口に除菌効果のある芳香剤などが売れていますが、昨日解説したようにカビが大量に発生しているのは空気を冷やすエバポレーターにカビが付着しているためなので、吹き出し口に取り付ける芳香剤はカビ臭い匂いを芳香剤で消している程度にしかすぎません。

 

では、クルマのエアコンのカビ臭い匂いを根本的に解決するにはどうしたらいいのか?

 

それは外気温が上がる季節の前と寒くなりだしてエアコンを使わなくなる時期の年2回

エアコン洗浄をすることをお勧めします。

 

クルマのエアコン洗浄は難しそうに思うかもしれませんが、決して難しくありません。

 

トヨタ自動車からはエアコン洗浄スプレーが販売されているようです。

 

エアコン洗浄の方法は、ネッツトヨタさんがYouTubeに動画をUPしているので、それを参考にしてみてください。

 

 

因みに私は上記の動画にあるようなクルマ専用のエアコン洗浄は使用せずに家庭用のエアコン用洗浄スプレーを購入して洗浄しています。

 

ただ家庭用のエアコン洗浄スプレーはノズルが横向きなので使いにくいのは事実ですが、ドラックストアなどでは2本で¥500程度で販売されているので、上記の動画を参考にご自身でエアコン洗浄してみるのもいいかと思います。

エアコンのカビ臭さは元から絶たなきゃダメ(笑)

 

カテゴリー: 整備 | コメントする

クルマのエアコンがカビ臭く感じる季節

投稿日: 作成者: shakoire

そろそろ4月も中盤に入り晴天時には外気温が20度を超える季節となりました。

 

この頃になると車内の室温は30度を超えてくるのでエアコン(AC)スイッチをオンにすると出てくる風がカビ臭く感じると思います。

 

このカビ臭い原因は、車のエアコンの部品でもあるエバポレーター(熱交換器)という部品にカビがこびり付いているためにカビ臭くなっています。

 

エバポレーター

ebapo

 

 

右側が新車の時のエバポレーターで綺麗ですよね。

そして左側が長年使用したエバポレーター

 

エバポレーターは日本語に訳すと熱交換器になるのですが、簡単に説明するとエアコンをつけるとなぜ冷たい空気が出てくるのか?

 

それは髪の毛をセットする時に使うヘアスプレーを思い出してください。

 

ヘアスプレーをちょっと長めに押して使っていると缶が冷たくなる現象を知っていますか?

 

家・車のエアコンはあの原理を使って冷たい空気を出しているのです。

 

圧縮されたガスを一気に解放すると(スプレーを使っている状態)化学反応によって冷たくなるのです。

 

エアコンはヘアスプレーと同じように圧縮したガスを一気に解放した時に上記の写真のエバポレーターというアルミ素材でできた細かい目の配管を通って元の圧縮機に戻ります。

 

一気に解放されたガスはエバポレーターで氷点下までさがり、エバポレーター自体が強烈に冷たくなっているところにエバポレーターの後ろから扇風機で風を送ると冷たい風が出てくる・・・。

※ちょっと簡単に説明しましたが・・・。

 

ではナゼ カビ臭くなってしまうのか?

 

これも夏場の喫茶店でアイスコーヒーを飲むときにグラスに水滴が付きますよね。

あれはグラスが冷たくなったことによって、グラスに触れた空気の水分が付着している現象です。

 

これと同じようにエバポレーターは強烈に冷たくなるので沢山の水滴が付きます。

 

 

夏場にエアコンをつけると室外機や車の下から水が出てきますよね。

あれはエバポレーターに付着した水滴を流している現象です。

 

水滴が付いた状態で放置するとどうなるでしょうか?

そう、雑菌が繁殖するのです。

これがエバポレーターにカビが大量に付着する理由なのです。

 

久々にエアコンをつけた時にカビ臭い匂いがするのは、エバポレーターに付着したカビ菌が送風されているのですね。

 

自分でもできますが、本来は年に1度はエバポレーターの洗浄をしているとカビが付きにくくなるのでベストです。

 

ですが、エバポレーターに水分が付着するので、完璧にカビ菌を防止することは不可能です。

エバポレーターを毎年交換し続けないと根本的には解決しません。

 

今日のテーマはエアコンからカビ臭い匂いがする理由についてでした。

 

カテゴリー: 整備, 雑談 | コメントする