車庫いれ.com 撮影現場の裏側

車庫いれ.com スマートフォン専用サイト

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック > 撮影現場の裏側

車庫いれ.com 撮影現場の裏側

撮影前に大型トラックが入庫

車庫いれ.comの撮影現場

車庫入れ講習会が始まる前に大型トラックが到着。
車好きの小さな子供が間近で見る大型トラックに興味津津だった。

撮影前に大型トラックの車庫入れ

車庫いれ.comの撮影現場

カメラアングル調整を行うため、何度か大型トラックで車庫入れを・・・。
この大型トラックは低床4軸といって、通常の大型トラックに比べて荷台が低く、合計12本のタイヤが付いている。
大型トラックで車庫入れをすると、ミシミシとタイヤと路面の摩擦音が響きました。

プロのカメラマンによる撮影

車庫いれ.comの撮影現場

テレビ番組などでも使用するプロ仕様のカメラとプロのカメラマン。
撮影アングルには拘りがあり、何度もカメラ位置を調整していた。
撮影は12月に行われたため、外気温は3℃と低い上に風が強かったので、とても寒かったでしょう。

高所からの撮影

車庫いれ.comの撮影現場

少しでも理解しやすい映像を撮影する為、運送会社の倉庫で使用しているフォールリフトを使用しました。
高さは4m程度まで上がり、普通では撮影できないポイントも収録することができました。

音声は無線マイクでバッチリ収録

車庫いれ.comの撮影現場

テレビなどでタレントが身に付けている無線のマイク(ピンマイク)を装着。
音声スタッフが装着してくれている様子ですが、このピンマイクはノイズも無く、広い敷地内なのにバッチリと音を拾ってくれました。

リハーサル開始

車庫いれ.comの撮影現場

撮影準備を開始。
はじめて知ったのですが、12月の撮影時期だったこともあり、早朝から日没まで時間が短いこともあり、日没まで段々と暗くなってくるのに合わせてカメラ本体で明るさを調整できたのには驚きました。
編集後のDVDを観た時に明るさが一定だったので、日没の影響なんて感じられませんでした。

車庫入れ講習会がスタート

車庫いれ.comの撮影現場

午前中に様々なアングルからの撮影が終了し、午後から車庫入れ講習会がスタート。
車庫入れが苦手だという方を対象に助手席に同乗しないで運転を上手くさせるための車の原理原則についてを重点的に解説している。

車庫いれ.comの講習会がスタート まずは幅寄せの見本運転

車庫いれ.comの撮影現場

免許取り立ての頃や、運転が不慣れな方にとっては幅寄せの運転はとても難しく感じてしまうでしょう。
しかし、難しく感じているのは運転技術が不足しているからではなく、運転姿勢と見る場所が間違っているだけなんです。

車庫いれ.comの撮影現場

免許取得後6ケ月のペーパードライバーの幅寄せ

いやっ!本当に絵になる初心者の幅寄せでした。
幅寄せが上手くできない典型的な運転方法。 運転席から身を乗り出し、ハンドルの上に顔が来るほどボンネットの先を見ての幅寄せ。
このような運転姿勢と目線だから幅寄せの感覚が掴めないんですね。
参加者からは失敗したことで笑い声が響いていました。 とても恥ずかしかったでしょうね。

たった30秒の幅寄せ指導だけで成功

車庫いれ.comの撮影現場

さぁ!たった30秒の幅寄せで上手くなるか!
参加者が見守る中、2回目のチャレンジ!
結果は、みなさんから拍手が・・・。
幅寄せって本当は簡単でした。

本題の車庫入れにチャレンジ

車庫いれ.comの撮影現場

運転が苦手な方特有の運転席の窓から顔を出しての車庫入れです。
この運転をすると運転席側だけにしか視界が届かないため、死角だらけの非常に危険で難しい運転方法です。

あら!運転席から顔を出して目視していたのに・・・。

車庫いれ.comの撮影現場

運転席の窓から顔を出してバックしていたのに・・・。右後ろを接触!
幅寄せに続き、参加者から笑い声が・・・。
確かにハンドル裁きや車がギクシャク動くアクセル操作が下手で講習時間中に誰もが上手くなるなんて予想することもできなかったでしょう。

運転が上手くできない理由

車庫いれ.comの撮影現場

●バックで車庫入れをすると、ハンドルの角度が分からなくなってしまう理由
●障害物と車体の距離が1cmしか空いていなくても、接触しない理由
●運転席の窓から顔を出してバックすると接触するリスクが高まる理由
●後ろを振り向いて運転すると死角ばかりで危険な理由
などを重点的に解説しました。

実車を使っての講習がスタート

車庫いれ.comの撮影現場

車の原理原則を車外で講習を受けた後に実車を使っての講習。
ハンドルを切るタイミング。
ハンドルの角度が何故分からなくなってしまうのか? そしてその解決方法。
そして車庫入れが簡単になるハンドル裁きなどの講習を行いました。

さぁ!講習後の運転は上手くなったのか?

車庫いれ.comの撮影現場

講習前は運転席の窓を開けて、窓から顔を出して車庫入れしていましたが、講習後は窓から顔を一切ださず、そして後ろも振り向かずに車庫入れをしています。

狭い車庫での設定

車庫いれ.comの撮影現場

この角度から見ると本当に狭い場所に車庫入れしているのが分かります。
実はこの車庫入れのサイズですが、幅が235cmの上に、車庫の入口の角には段ボール箱があります。
見た目以上に狭く、とても難しい設定でした。

無事に車庫入れができるようになりました。

車庫いれ.comの撮影現場

運転席を見てください。
窓から顔を出さずにサイドミラーだけを見ながらバックしていますよね。
特に狭い駐車場ではこのように窓から顔を出さないでミラーを使って車庫入れをしないと難しくなるんです。
自動車教習所ではこのような運転方法を教わることが無かったので知らなくて当然です。
講習前は誰もが笑うほど下手でしたが、1時間の講習で大型トラックで車庫入れをする方法をマスターしました。
この方法さえ習得できれば、軽自動車から大型トラックまで運転方法は同じなので、更に上手くなっていくでしょう!

車庫入れ講習会後にポイントを解説

車庫いれ.comの撮影現場

収録しているDVDには、午前中に詳細な解説部分を撮影しましたが、講習会は1時間程度と時間も短いうえに詳細部分が割愛されていました。
車庫入れが終わった後に軽くポイントを説明をしましたが、真剣に聞いてくれたので嬉しかったです。

車庫入れ講習会が終了

車庫いれ.comの撮影現場

撮影時間を含めて、1時間程度の講習会が終わりました。
最後に参加者からは、短時間で上手くなったペーパードライバーに拍手が起こりました。

車庫いれ.com 講習会の感想

車庫いれ.comの撮影現場

今回は、勇気を持って代表で運転をしてくれた受講者にカメラマンとプロデューサーがインタビューを行っています。
短時間で上手くなれて本当に良かったです。

1時間の講習で笑顔になったペーパードライバー

車庫いれ.comの撮影現場

講習会中には幅寄せでは脱輪。車庫入れでは接触し、他の参加者から笑い声が聞こえる中、少し暗い表情でしたが、1時間の講習会後はこのように笑顔になりました。
やはり、運転が苦手だとコンプレックスを感じるのですね。 でも運転も上手くなり、笑顔で帰ってもらえて嬉しい限りです。

space
space
商品一覧 お問合せ

PageTop

お客さま サポート

お客さまサポート

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

縦列駐車.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報

W3C
W3C css
Yahoo!
xlisting
space




掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。