車庫いれ.comへの取材お申込みについて

車庫いれ.com スマートフォン専用サイト

車庫入れ コツとミラー・バック駐車の方法と上達テクニック >車庫いれ.comへの取材お申込みについて

車庫いれ.comへの取材お申込みについて

車庫いれ.comでは、運転が苦手なドライバーに対して車の原理原則を教えることにより、わずか60分程度の時間で劇的に変化させることができます。

バラエティー番組などで講習前・講習後の変化を企画させてる番組や、車の安全運転に関わる番組を企画されている場合はお気軽にお問い合わせください。

space

アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故の原因

アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故の原因は日本独特の運転方法が大きな原因と考えております。

日本の自動車教習所では右足でアクセルとブレーキを操作するように指導しているが、アメリカなどではアクセルは右足、ブレーキは左足で踏むことが一般的です。

アクセルとブレーキの踏み間違い事故を起こしてしまう年齢層は主に高齢者であり、判断能力が衰えたことだけと思われているが、実際には判断能力が衰えたことに加えて身体の柔軟性が無くなったことが大きな原因だと判断しております。

高齢者のドライバーは1983年に施行された道路運送車両法第44条で規制緩和される以前のフェンダーミラーの車両で運転していたことにより小さなサイドミラーでは後方確認がしにくいため、後進時には運転者が助手席に左手を掛けて後ろを振り向き目視しながらバックする運転方法でした。

しかし高齢者になり身体の柔軟性が衰えたことによって身体が回りにくくなった状態で助手席に手を掛けて後ろを振り向きながらバックすると運転姿勢が崩れてブレーキペダルから右足が離れてしまい、ブレーキを踏もうとした時に間違ってアクセルペダルを踏み込んでしまい、運転者の意図しない後方へと車両が早く・強く動くため身体が重力でハンドル側に強く働くため更にアクセルペダルを奥深くまで踏んでしまうことで大惨事となっていると考えられております。

これを防止するには大型トラックの運転方法がベストであり、後ろを振り向かずにサイドミラーだけでバックすると身体の柔軟性が失われた高齢者であっても運転姿勢が崩れることが少なく安全です。

事実 大型トラックがアクセルとブレーキの踏み間違による事故が発生しておりません。

PageTop

お客さま サポート

お客さまサポート

テレビ放映されました

さきっちょ

テレビ朝日
「さきっちょ」
放映されました。

車庫いれ.com 特集記事

ホリデーオート2010年9月号

クルマ業界の匠たち
THE Proffesional
運転指導の匠として
記事掲載されました

縦列駐車.com

縦列駐車.com

ご注文について

メイン メニュー

サブ メニュー

運営元情報

W3C
W3C css
Yahoo!
xlisting
space




掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。