クルマ業界の匠2

ドライブレコーダー メーカー比較

kcsyドライブレコーダー

価格ドットコムでも検索できない比較

私は仕事上100台以上 様々なメーカーのドライブレコーダーを実際に取付て設定など行った経験とBCNなどのデータを交えてオリジナルの情報をお届けします。

私が何も知らない素人だったら、恐らく価格ドットコムで商品ごとの比較を見てどのメーカーにしようかなぁ~

と色々と検索しながら決めると思いますが、書き込みしている人はそのドライブレコーダーの機種の良いところと悪いところ位しか書けません。

ですが、全てのメーカーではありませんが様々なドライブレコーダーを自分で取り付け、そしてその後の動きまで自分の目で確かめる機会が多かったので、機種ごとの比較でなく、メーカーごとの比較をしてみたいと思います。

ドライブレコーダー販売 メーカー別シェア

BCNの2019年1月1日~6月30日までのネットショップのPOSデータを集計した「BCNランキング」によりますと、ドライブレコーダーのシェアトップがコムテックの約30%で2位が約23%のケンウッドで3位が約17%のユピテルという結果でした。

ドライブレコーダーは煽り運転が盛んに報道されて以降は売上が急激に伸びており、前方録画のシンプルタイプから煽り運転が記録される前後タイプへと販売単価が高額化しているようです。

コムテックのドライブレコーダーが1位なのは

コムテックのドライブレコーダーが首位を獲得したのは、私の個人的な見解からするといち早く360度の録画対応や前後カメラの発売に加えて積極的にテレビCMなど販促活動が積極的だったからでは?

と思っております。

機種比較でなくメーカー比較です。

今回はドライブレコーダーの機種ごとの比較でなくメーカー別に比較をしてみたいと思います。

メーカー比較といっても優劣ではありません。

ちょっと誤解を生んだら困るので、先にお伝えをしますが、日本製ドライブレコーダーのメーカーごとの優劣は決してつけることができないと思っています。

日本製ドライブレコーダのメーカー別に比較ができるのは強みです。
強みとは味付けみたいなものと思ってください。

辛口が好きな人に甘いものは美味しいと感じません。
甘口が好きな人に辛いものは美味しいと感じません。

それと同じように、何かに特化したら何かが失われるのです。

画質が綺麗を選択したらデータが多くなり、高機能であれば価格が上がる

相反するものなのです。

ドライブレコーダー メーカー比較(味付け)

1位 コムテック ドライブレコーダー

comtec

シェア1位

コムテックのドライブレコーダー
市場シェア約30%
※シェアは大きく変動します

コムテックさんのドライブレコーダーはやはり煽り運転で早くから後方が録画できる360度カメラや前後カメラに資源を集中したことがシェアを取った理由だと思います。

私がコムテックさんのドライブレコーダーを取付て思ったのが、衝撃感知レベルを3軸で(急ブレーキの衝撃・上下の衝撃・カーブでの衝撃)調整できる機能です。

この3軸は結構重要だと思います。

私が取り付けたドライブレコーダーで3軸センサーがあったのは、コムテックさんとCOWONさん、そして業務用ドライブレコーダーだけでした。

なぜ3軸の衝撃調整が重要なのか?

それは車によってサスペンションの硬さやカーブを曲がる時の揺れが運転手にもよりますが、車種でも大きく変わるのです。

だからトヨタの〇〇車にはGood!と思ってもHONDAの〇〇車ではBadなどメーカーや車種によって車の揺れは全く違います。

例えば乗用車とワンボックスでは車高が全然違います。
車高が違うだけで同じスピードでカーブを曲がっても同一メーカーであっても横揺れは違うのです。

だから3軸調整が付いていると車種ごとに細かな設定ができるのが重要なのです。

※コムテックさんのドライブレコーダー全機種に3軸調整がついているかは知りません。
ただ安いタイプでも設定が付いていたので、恐らく付いているだろういう予測です。
購入時に3軸調整が付いているかを確認してからご購入してください。

コムテック ZDR026


2位 KENWOOD ドライブレコーダー

kenwood

シェア2位

ケンウッドのドライブレコーダー
市場シェア約23%
※シェアは大きく変動します

コムテックさん同様にケンウッドのドライブレコーダーも煽り運転が報道されて以降積極的に前後カメラを発売してきました。

KENWOODさんのドライブレコーダーを取り付けましたが、リアガラスにはプライバシーガラスが入っており、その上から上から2番目に濃いフィルムを貼っている状態でした。
通常は車外から中が見えないほどの濃さです。

その状態でリアカメラの画像を見たらビックリ!
確かに前方と比較すると確かに暗くはなっていますが、ルームミラーで目視した見る景色とは比較にならないほど鮮明画像です。

リアガラスにフィルムを貼っている人には私が装着した実体験なのでお奨めできます。

またKENWOODのドライブレコーダーの最大の特徴はメモリです。

ドライブレコーダーはエンジンを始動してからずっと動画を記録し続けています。
SDカードには寿命があって、書込める回数が決まっています。

ですから運転中に突然SDカードの寿命がきて、書込めなくなるのです。

KENWOODの純正SDカードを使用すると、SDカードの寿命が見えることが最大のメリットですが、デメリットは高額です。

通常のSDカードの5倍程度はします。

今回取り付けたKENWOODのドライブレコーダーにAmazonで購入したSanSiskの高耐久SDを入れております。

トラックなど毎日12時間以上走行するドライブレコーダーに通常のSDカードを入れましたが、1年未満にエラーが出たSDはありませんでしたが、高耐久モデルなら一般走行であれば気にするレベルでは無いと思っています。


3位 ユピテル ドライブレコーダー

Yupiteru

シェア3位

ユピテルのドライブレコーダー
市場シェア約17%
※シェアは大きく変動します

ユピテルさんのドライブレコーダーの取付台数は一番多く、私個人としてはお奨めのメーカーでもありますが、シェアが上位2社に比較して見劣ります。

この理由は機種の性能でなく、360度対応のカメラや前後カメラの導入時期が早くなかったからではないか?

と思っています。

価格帯もリーズナブルですし、ユピテルさんのドライブレコーダーは小型なので昨今の新車には衝突防止機能のために必ずフロントガラスにカメラが付いており、取付場所に苦労しますが、小型なので設置は容易です。

ただボディが小さい=設定画面など小さくなるので見劣りするのかもしれません。


4位 セルスター ドライブレコーダー

sellstar

シェア不明

セルスターのドライブレコーダー
市場シェア不明
※シェアは大きく変動します

セルスター工業のドライブレコーダーも数台取り付けましたが、決して悪い商品ではありませんが、恐らくレーダー探知機に主力を置いているのかもしれません。

セルスター工業のドライブレコーダーの特徴は何といってもレーダー探知機との連動が早かったので、そこは強みだと思います。

配線作業ができないけど、自分で取り付けたい方ならドライブレコーダー本体とレーダー探知機にODBⅡの3セットであればシガーライターから電源を取らなくても配線作業(カプラーの差し込みだけ)なしで綺麗に取り付けることができます。

セルスター工業さんの良い所は、SDカードは消耗品なので突然に書き込みできなくなることがありますが、SDカードにエラーがあるとウザいほど警告音声が流れます。

総論

ドライブレコーダーの選択基準について

ドライブレコーダーの取付について

自分で取り付けする? Yes・No

自分で内装を剥がすことできる? Yes・No

自分で配線作業ができる? Yes・No

取付予算について

取付予算は出したくない? Yes・No

取付予算は¥5,000程度なら Yes・No

取付予算は¥20,000以上大丈夫 Yes・No

答えは

自分で内装をバラして配線作業までできる方ならAmazonなどインターネットの通販で本体だけ購入して前後録画のドライブカメラの取付はできます。


自分で内装をバラしたり、配線作業ができない取付予算が¥20,000以上あるならばカー用意品店で前後2カメラタイプを購入して取り付けてもらうのがベスト


自分で内装をバラして配線ができない、取付予算が¥5,000未満であればカー用品店で前方だけの1カメラまたは1カメラ+360度カメラ付きのタイプをお奨めします。


自分で内装をバラしたり配線作業ができない、取付予算も無い人はAmazonなど通販で1カメラまたは1カメラ付き360度カメラ付きのタイプを購入してシガーライターソケットから電源を取れば自分で取付が可能です。

前方カメラ+360度カメラ付き

コムテック HDR360G 

ユピテル Q-01dP

絶対に日本製がお奨めです。

もう100台以上もドライブレコーダーを取付て来ましたが、予算が無い場合にAmazonさんなどで中国製の無メーカーも沢山取り付けてきましたが、間違いなく言えることは電波障害対策がされていません。

電波障害対策されていないドライブレコーダーでどのような障害が起こるのか?

ドライブレコーダーの電源が入っている時にはテレビ・ラジオ・リモコンドアロックなど車が電波を送受信するものは全て影響すると思ってください。

ただ車の走行で自動ブレーキシステムが効かなくなったり、走行に重大な支障が発生する恐れは皆無とは言いませんが、ほぼありません。

それは車の電気系統はドイツのボッシュ社が開発した対ノイズ性に強いCAN(Controller Area Network)システムになっているため重大な問題は発生しませんが、それ以外には影響を及ぼすこおとがあります。

予算少ないがドライブレコーダーを付けたい方へ

ドライブレコーダーを購入する予算は少なく、1万円程度で自分で簡単に設置できるドライブレコーダー

予算少ないが、後方録画は欲しい

予算が無く、自分でも取り付けれることのできるドライブレコーダーをお探しなら私が取り付けた経験で自分が購入するならどの機種を選ぶ?
という基準でしたの2機種をお奨めします。

これは前方カメラを取り付ける感覚で前後録画が可能です。

但し、中国製なのでテレビ受信に影響が出ると思ってください。

予算は少ないが、電波障害は嫌だ!

ユピテルのドライブレコーダーです。
この機種は数台取り付けましたが、電波障害は確認されませんでした。

テレビ受信も問題ありませんでした。

このドライブレコーダーの良い所は、ボディが小さいので設置場所に困らない。

ボディが小さいので液晶画面は必然的に小さくなりますが、取付時の設定位しかモニターを見る機会は少ないと思います。

ドライブレコーダー本体のボディが大きくなると取り付ける場所が限られてくるので、私が数多く取り付けた経験で大切なこと。

ドライブレコーダー本体が小さいことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました