クルマ業界の匠2
詳しくは

車の色の選択で後悔しないための知識とは

clor_2雑学

車の色には価値・手入れ・退色・危害・再現性がある

車を購入する時にどの色にしようか?
と迷うケースがあると思います。

前回の記事でも書きましたが、購入後に手入れする自信があり査定で高額買取を望むのであれば間違いなく黒色

購入後に手入れする自信は無いけど、査定で高額買取を望むのであればホワイトパール

これは国産車両では不動の色だと思っています。

では人気色についての裏話について書いてみたいと思います。

自動車鈑金修理工場が教えてくれた裏話

中古車市場 不動の人気色 No1黒色

kurumablack

不思議なほど中古車市場では黒色が人気です。
特に高級車になると黒色は絶対人気なので、高級車を購入する時には黒色を選択すると間違いありません。

ただ黒色は手入れをすると映える色なので綺麗ですが、手入れをしない方はには不向きです。

できれば黒色の車は洗車機に1回通すだけでも晴れた日には車体全体に小キズが目立ちます。

中古車市場 不動の人気色No2 ホワイトパール

kurumasiro

ホワイトパールも人気色です。
特にトヨタのホワイトパールは塗装技術も良くて綺麗です。

国産車両でホワイトパールがある車種で値崩れすることは考えにくいほどの人気色となります。

注意点としては、事故を起こしたり車をぶつけて塗装するとホワイトパールは最低でも3層以上に分けて1つの色を出しているため新車の色を再現することが難しい色でもあります。

3層以上の塗装なので修理代も他の色に比較して高額となります。

無難と手入れを考えるとシルバー

kurumashiruber

シルバーの車体色の一番いいところは手入れが楽ということ

少々洗車しなくても綺麗に見えるところが人気の理由でもあります。

注意点としては、事故を起こしたり車をぶつけて塗装するとシルバーは色合わせが一番難しい色といわれており、塗装技術によって全く修理具合が異なることです。

ディーラーに鈑金修理を出したら安心!なんて私から言わせればウソ!

特にシルバーの塗装をする場合には町の小さな鈑金修理工場で何十年も経験を積んだ職人に塗装させる方が絶対にいいと断言できるほどシルバー色の鈑金修理には要注意です。

スポーツカーに似合う赤色だが、屋根付き駐車場が必須

kurumared

スポーツカーには赤色が似合います。
フェラーリのイメージカラーも赤色です。

しかし・・・。
赤色はカッコいいのですが、紫外線に弱いのが欠点で屋根のない屋外駐車場であれば紫外線を一番吸収する色でもあります。

紫外線を吸収すると色抜け(退色)します。
退色すると赤色は朱色になっていくのが欠点です。

赤色を買うのであれば屋根付き駐輪場が必須となります。

線キズ覚悟の黄色

kurumayell

これも不思議な現象なのですが、黄色の車体はほぼ100%線キズを入れられる色だと思ってください。

何か精神的な問題と関連しているのではないか?

と思うほど黄色の車体はイタズラされる対象となります。

車の色は劣化との闘い

日本車の塗装は恐らく世界でもNo1の技術で塗装されており、鈑金修理工場やボディーコーティングの職人曰く国産ではレクサスがダントツの塗装で次いでトヨタ。 外車ならベンツという話を耳にします。

車は屋内駐車場で保管していても晴れた日には走行するので紫外線を大量に受けて劣化します。

紫外線がどれほどキツイのか?
サングラスの紫外線99%カットも数年で紫外線防止が無くなるといわれおります。

車であれば新車で購入して3ケ月もすれば、新車と全く同じ色の塗料を塗っても退色で色が異なります。

鈑金修理工場では、職人が紫外線で退色した色を経験で再現して塗装しているのです。

私も調合している現場に立ち会ったことがありますが、300ccの塗料にあと1滴だけ黒を混ぜると同じような色になる!

なんて調合しているのです。

私が見ても何色を1滴追加したら同じ色になるのか?

なんて理解できませんでしたし、1滴加えてその違いすらわかりませんでした。

車の色を選ぶ時にお好きな色を選べばいいと思いますが、この記事を見て紫外線対策など少しでもお役立てれば嬉しく思っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました