なぜ教習所でコレを教えてくれないのか? 意地悪かと思いました。

index

車の運転が苦手・下手だと思っている方へ

質問:あなたが苦手な理由とは

× 運動神経が悪い
× 練習量が少ない
× 空間認識能力が無い
× 運転センスが無い
× 運転は高度な技術が必要

答え:自動車教習所で教わった運転方法感覚で運転しているだけ。

車は原理原則に基づいて動く機械ですから技術より先に知識なのです。

※事実 ペーパードライバー講習に複数社通っても運転に自信が持てなかった多くの方が法則を知っただけで解決しています。

自動車教習所では教えてくれない

法則は自動車教習所の教本には一切書かれていません。
法則を知らずに感覚だけで運転しているから運転が苦手なだけなのです。

感覚では絶対に運転できない大型車両

25

写真はフルトレーラーといって全長は25mもあります。
乗用車は5m未満なので、5台以上もの長さがあります。

大型車両を運転するドライバーは、感覚で運転していないから、あの大きな車であっても恐怖心もなく運転できているのです。
※大型車両は感覚運転では絶対に運転できません。

運転が苦手な人が練習をして上手くなろうとしていること自体が間違っているのです。

法則とは

車は 「大きさ」・「形状」・「ハンドルの位置(右・左)」
など関係なく、すべて原理原則という法則に基づいて動く機械なのです。

kesho

その法則を知ると「どの時点」で「どの場所」が接触するのか?

これが明確に自分で判断できるようになります。

※車は通常1ケ所しか接触しません。

車はカーブを曲がる時・高速道路で合流する時・車庫入れする時・縦列駐車する時など少しでもハンドルを回すと必ず原理原則通りに動くのです。

同乗した指導では

誰かに同乗してもらって指導を受けたりすると、「ここでハンドルを切って!」「ここでブレーキを踏んで!」と指導されますが、そのタイミングを言ってくれる人がいなくなると自分で判断することができずに運転ができないくなる人が多くいます。

ペーパードライバー講習に何社も通っても運転に自信が持てなかった方が騙されたと思って車の原理原則という法則を知ると、「なぜ教習所でコレを教えてくれないのか?」との声が寄せられるのです。


講師紹介

講師 山下裕隆

2008年から特許出願済と同時に業界初となる「クルマの運転通信教育業」に参入。

クライアントとお会いすることなく通信教育だけで日本全国から海外まで何千名もの方々に運転技術を向上させてきました。

その実績が評価され、車専門誌のThe Professhonal企画において「クルマ業界の発展に寄与した5名」の運転指導者として紹介されました。

この指導法は個人だけでなく、上場企業など数社も社員研修として使われております。

画像をクリックすると動画が閲覧できます。


YouTube_hosoku

動画閲覧できない場合はコチラから

Refund
g詳しくはコチラから
受講するボタン_セット

講習会での指導では

tokyo

法則は知識ですから同乗して指導することは一切ありません。

車の外から法則の説明

paiper_8

車外で車の原理原則について解説

30秒の講習で幅寄せが

paiper_5

車外から僅か30秒の指導で幅寄せはピッタリ!


30分の指導で車庫入れが

paiper_6

最初は窓から顔を出したり、後ろを振りいてバックした時は障害物に接触したのが、法則を使った運転にすると窓から顔を出さず・後ろを振り向くこともなく、狭く設定したスペースに1回で成功

数センチの隙間からの車庫出し

shuko

法則を活用した運転に変わったことで車体と障害物の隙間が数センチしか無い状態から不安もなく成功

Refund

g詳しくはコチラから
受講するボタン_セット

誰にも知られずに習得できる

secret

受講者の多くが誰にも知られずに運転が上手くなりたい!
という要望から受講されています。

感染予防に

感染予防

ソーシャルディスタンスが推奨される中、オンラインで完結できる手法です。

YouTubeとは違います

batuyoutube

YouTubeで公開されている内容とは全く異なります。
YouTube上で公開されている動画は運転の仕方についてが殆どです。

原理原則という法則についての指導は弊社オリジナルの指導法となります。

無期限・回数無制限のサポート

support

サポートは無期限・回数無制限です。
お客様が購入する目的は自由自在に運転できるようになること!
サポートに期限や回数制限、追加料金が別途発生することは一切ありません。

リスクなし

全額返金保証

全額返金保証

運転指導で条件を付けずに全額返金保証

運転が上手くならないのに費用を払いたいですか? 私なら絶対に嫌です。

お客様の声に掲載している内容と異なっていても全額返金保証いたします。


お客様の声

東京都中野区 上野様(男性)

ペーパードライバーを卒業しようと、ドライビングスクールに通いましたが、正直そこまで詳しく指導して頂けませんでしたので大変ためになりました。

友人にアドバイスを求めても慣れればそのうち出来るようになるという助言だけでした。

ですが教習所では全く教えてくれない、しかも法則さえものにすれば誰にでも簡単に出来る方法を自分なりに覚える事が出来て、スムーズにできるようになりました。

ありがとうございました。

※沢山ありすぎて表記できないため、別ページで掲載しております。
お客様の声 男性のみ

※あくまで個人の感想であり、効果の内容を保証するものではありあせん。


茨城県守谷市 花田様 (女性)

ペーパードライバー教習に通っていますが、全然、自信が持てず、思い切って購入させていただきました。

とてもわかり易かったです!

どうして教習所では教えてくれないんでしょう? 意地悪ではないかとまで思ってしまいました。

実は、先月「ホ●ダドライビングスクール・車庫入れマスター」というものに参加したのですが、(丸一日の日程だったのに、正味は4時間程度で、なんと18,900円でした!)結局、マスターできず。トホホです・・・・・・

そこでは「慣れないうちは、すえ切りで覚えたほうがいい」と推奨してたんですよ。

もっと早く知っていれば。と悔やんでおります。

※沢山ありすぎて表記できないため、別ページで掲載しております。
お客様の声 女性のみ

※あくまで個人の感想であり、効果の内容を保証するものではありあせん。

Refund
g詳しくはコチラから
受講するボタン_セット

運転が苦手なライターさんに受講してもらいました。

たった2時間動画を見るだけで苦手意識がなくなり楽しく運転ができるようになるなんて、本当に信じられますか?

ペーパードライバーや運転歴の浅い人、運転歴が長くても苦手意識がなくならない人に向けて、元大型トラックのドライバーだった講師が作った動画で本当に運転が上手になるのか、運転ができない一人のライターが実際に教材を視聴したうえで感想を述べさせていただきます。

この文章をお読みになっているということは、あなたは自動車の運転に不安をお持ちで運転が上手になりたいと思われているのでしょう。

それで、何かいい教材はないのだろうか?

ということでお探しになられていて、この教材にめぐり会われたのではないでしょうか。

でも「自動車教習所では教えていない」「車の原理原則」さらには「同乗しないで指導」と聞くと怪しいなと思われたのではないですか。

こんなものにお金を払って大丈夫なのかとも感じたでしょう。

そのお気持ちはわかります。

私もこの教材を初めて目にした時には同じように思いました。

だってそうですよね?

車の運転は練習をして、数をこなして慣れて上手になるものというのが常識ではないですか。
私はそう思っていました。

そう思っていた私が実際にこの教材をすべて視聴し、その結果どう感じたかをこれからお話させていただきますので、手に入れようかどうしようかと迷われているのでしたら続きを読んでいただけないでしょうか。

まず、私について少しお話をさせていただきます。

私はライターという文章を書く仕事をしています。

それがあるご縁で、この教材で講師をされている山下様と知り合い、この教材を見た感想を書いてほしいと頼まれました。

「いいことも悪いことも感じたままに書いてほしい。そのほうが手に入れようか迷っている人にこの教材のことがストレートに伝わるから」と言われました。

普通は自分が作った商品などのレビューを他人に頼むときは、「良く書いてね」と頼むものですが、山下様は違いました。

それだけこの教材で教えている内容や指導法に自信があるのだなと感じました。

それならば私も気兼ねなく思ったことを書けると思い、今回の依頼をお受けしたのです。

いきなりですが、最初に結論からお話します。

この教材は「買い」なのか否か。
私は「買い」だと思いました。

それはあなたにとっても「買い」をおすすめするという意味も含んでいます。

その価値は十分にあると思います。

そもそも無期限の返金保証が付いているので、効果がなかったと思ったならばいつだって返金が受けられます。

物を送り返したりもしなくてよいので送料だってかかりません。

つまり効果がなくても、金銭的にはまったく損害は出ないということです。

しかし、二時間もの動画を見ればそれだけの時間は奪われることになってしまいます。

時間を損したと思うのもイヤでしょうから、しっかりと納得がいってから手に入れてほしいと思います。

この文章を読んでから、最後に手に入れるかどうかを決めていただけないでしょうか。

実は私自身自動車の運転はできません。

それ以前にしたいと思えません。

それは運転に対しての様々な抵抗があるからです。

当然その一番は事故に対する恐怖です。

幸い今まで運転の必要に迫られたことがなかったのですが、そのおかげで今回ド素人の私の感想を知りたいということでこのような機会を得ました。

では実際に私がこの動画を見て最初にどのように感じたのか。

まずは「わかりやすい」ということでした。

この場合のわかりやすいというのは、ただ簡単にかみ砕いて説明をしてくれているという意味だけではなくて、「こういう理屈だから車はこう動く」というまさに「原理原則」を教えてくれているので、車の動きが頭の中で再現しやすいということです。

つまり感覚に頼らなくても、車は原理原則通りにしか動かないのだから原理原則を理解すれば車は運転できるという事実をすんなりとのみ込めたのです。

これを知った後は動画内で講師が語っていた「原理原則を知れば車の大きさが変わっても同じように運転できる」ということばも腑に落ちました。

もちろん感覚でわかっていなければならないところもあるのでしょうが、今まで常識だと思われていた「慣れて感覚をつかむのが、運転が上手くなる方法」というのは間違いだとわからせてくれました。

適切な目印を定め、チェックする項目を順番通りに確かめて運転すれば、誰でもすぐに運転が上手になれるなんて・・・

今までの私の運転に対する常識は打ち破られました。

これは教習所での教え方にも問題があるのかと思います。

教習所では「バンパーがあのポールの何本目を通過したらハンドルを切る」という教え方をしていて、免許取得後に運転するときにはポールがないからどうしていいのかわからないという声をよく聞くからです。

だから、目印に頼るのではなく感覚でつかまなければ運転は上手にならないとされていたのでしょう。

しかし、この教習所の目印は相対的なものつまりその教習所でしか通用しないものであることが問題なのであり、感覚で運転することが正しいわけではないのです。

では、何が正解なのか?

それは、絶対的な目印を基準にして運転することです。

自分の車の決められたポイントと、隣の車や駐車場の白線などの目印、これらの位置関係を基準に運転をすることなのです。

それと、もう一つはっきりさせておく必要があるのが、教習所で教わったことが正しいという思い込みを捨てなければならないということです。

たった今、教習所内の目印を使った教え方が良くないという話をしましたが、このように教習所というのは免許を取得させるために運転を教えているだけで、上手にならせるために教えているわけではないということも認識を改めたほうがよいのではないでしょうか。

ではここからは、動画の内容を詳しく説明してまいります。

この教材は全部で3編あります。
「幅寄せ編」「車庫入れ編」「縦列駐車編」です。

そのすべてで押し通されているのは決して講師は「同乗しない」ということです。

そこに不安を感じるかもしれませんが、むしろ逆だと私は感じました。

つまり、助手席に座っていて「そこでハンドル切って」とか「右前をぶつけないように気をつけて」とか言っていたら、生徒さんが自分で運転したことにならないからです。

つまり、教習所と同じなのです。

指導を受けたとしても、運転するときはすべて生徒さん自身で判断しなければ上手にはなれないと思います。

まずは「幅寄せ編」について少しお話させていただきます。

私は車の運転はできないものの、運転に関する知識については少しは知っているつもりでした。

しかし、この「コツ」についてはまったくの初耳でした。

「車内の1点に目印をつける」だけです。

動画内では免許を取得してから6か月の方が1人で車に乗り、まずは何の指導も受けずに幅寄せしたところ脱輪してしまいました。

その後講師から指導を受け、この目印を基準にして幅寄せをするとすぐに幅寄せをきれいにできたのです。

指導の時間わずか30秒。

同乗もせずに言葉で伝えただけです。

なによりも運転をしていたご本人がとても驚かれ喜んでいらしたのが、印象的でした。

『車庫いれ.comサイト』に集められている「お客様の声」には知っていたという声もありましたが、多くの方が初めて知ったとお話されていました。

たった一つのことだけで、すぐに運転が上手になるなんて驚きました。

次に「車庫入れ編」
おそらく、多くのドライバーの方が一番悩まれているのがこの車庫入れではないでしょうか。

それだけにこの動画教材の3編の中でももっとも時間が割かれています。

そしてまた、ここでも私は初めて聞く運転上達のコツに驚かされました。

あなたは、バックミラーの重要度に違いがあることをご存じですか?

右ハンドルであれば、左サイドミラー、右サイドミラー、ルームミラーの順で重要度が違うとのことでした。

言われてみると、なるほどその通りとなるのですが今まで気にしたことがなかったので、この使い方で運転に差が出るというのは意外でした。

そうなのです。

ミラーが安全確認のためだけにあるのではなく、上手に運転するためにあるというのがいままで思ってもみなかったことだったのです。

さらには運転をするときに、意識していなければならない車体の7か所という考えも初めて接しました。

7点のうち4点は車体の四隅、もう1点は車体の後端中央(最近の車体は丸みを帯びていて、後端の角よりも中央のほうが出ているため)、ここまでは誰でもわかると思うのですが、あとの2点が後輪の中心線(回転の軸)の両端という意外な所でした。

車は曲がるときに、この後輪中心線にある2点のうち内側の点を中心に回転運動をするということなのです。

これも言われてみればなるほどと思うのですが、普段車が曲がるときはこの円運動に車自体の前後運動が加わるのでついつい見落としてしまう考え方ではないでしょうか。

ここではこれ以上詳しくは説明しませんが、この考えを学ぶだけでもこの教材を買う価値は十分にあると思います。

この中心線を意識して運転するだけで、見違えるように車庫入れが上達するであろうことは間違いないと感じました。

実際に動画内で指導を受けた生徒の方はすぐに上手に車庫入れをできるようになっていました。

先ほどの「お客様の声」でも、この後輪の中心線を意識するということに感動していた方も多くいらっしゃいました。

私個人としても、この教材の内容のクライマックスがこの部分だと感じています。

最後の「縦列駐車編」ですが、あなたは縦列駐車が得意ですか?

では、縦列駐車をするときバックを始める前にハンドルをどちらに切っていますか?
この動画での正解は「左」です。

いかがでしたか?

あなたは左に切っていましたか?

こうすると車体を右側車線に大きく出すことなく駐車スペースに角度をつけて入っていけるからだそうです。

これも動画内では上手に縦列駐車が出来なかった人が、指導を受けるとすぐに上手に入れられるようになっていました。

もちろん「お客様の声」でも多くの方が感嘆の声をあげられていました。

これで3編についてひととおりご説明をしましたが、動画内では他にも運転の上達に役立つ情報がありました。

それも、多くの方が普通にやってしまっていることに対して、間違いだと指摘する内容のものもあります。

これらはぜひご自分でお確かめください。

さて、ここまで私はこの教材の良いところばかりを紹介してきました。

では、悪いところはないのかと言われるとそうとも限りません。

今回は「いいことも悪いことも」書くのが私の使命なので、そこも触れておきたいと思います。

まずは、ドライビングポジションについてです。

動画内でもドライビングポジションに関しての説明はあるのですが、けっこう漠然としていると感じました。

もちろん姿勢により運転の質が変わることは当然だと思うのですが、多くの情報の入り口としての眼の位置をどこにするのかというのは大切なことなのでもう少し詳しく説明をしてもらえればと思いました。

またバックミラーの調整の仕方というのも、運転に不慣れな人からすると正しいやり方を知りたいのではないかと感じました。

もしあなたがご覧になれば他にも、もう少し説明が欲しいなと思うところがあるでしょうし、このことも知りたいということは出てくるかと思います。

ただ、これらはあえて教材化をしなくても、教習所や周りの人から教わっていてそれで十分だからということなのでしょう。

若干不親切に感じるかもしれませんが、多くの人が知らない大事なことだけを伝える教材と
いうことで納得しておくのがよいのかなと私は思いました。

また、ここであえてお伝えしておきたいのは、YouTubeなど無料で見られる運転を教える動画との違いです。

いまや多くの動画が無料で見られ、そのどれもが見れば上手になれそうな気がします。

ひょっとしたらあなたならそれらの動画を見れば、運転が上手になれるかもしれません。

しかし、はっきりとした違いもあると私は感じたので、少しお伝えさせてください。

まず、なんといっても内容の濃さではないでしょうか。

もちろん有料と無料の違いがあるのだから当然かもしれませんが、重要な点や注意すべき点などをしっかり伝えているのはこちらの教材です。

ただ収録されている時間が長いだけではありません。

必要な内容を論理的に伝え、車の動きも様々な角度から見せてと充実した内容だと思います。

次にこの教材は講師の運転を見せるものではないというところです。

今インターネット上などで見られる動画のほとんどは教える人が自分で運転して、その解説をしているものです。

これは上手な人が運転していてお手本を示しているだけで、見ている人が上手にできなかったとしてもなぜそうなるのか、どうしたらよくなるのかが今ひとつわかりにくいです。

それに対してこの教材は、先にも書いたように講師が同乗しないで生徒さんに運転してもらって、それを指導して上達をさせていくというものなので、なぜ上手くいかないのか?

どうしたらよいのか?が示されています。

これは講師が運転の苦手な人がどこでミスをするかというのを把握しているからです。

だから、動画教材でも確実に上達することができるのです。

まだ、あなたがこの教材を手に入れるにあたって不安に思われるのは、講師がどういう人物かということではないでしょうか。

これに関しては『車庫いれ.com』のサイト内で紹介されていますので、ここでは詳しく述べません。

ただ「車の運転をしている人がこれだけいるのに大事なことを知らない人が多すぎる、それを多くの人に伝えたい」という気持ちは私がこの教材から感じたものです。

それは、同サイト内にある「お客様の声」に寄せられている多くの方からの言葉からも伝わってきます。

そういった多くの言葉のなかでは、上手になってよかったというものよりも、運転のときの恐怖心がなくなった、運転が楽しくなったというものが印象的でした。

最後となります。

車の運転には事故がつきものです。

事故が起きれば、精神的なショックだけではなく修理代をはじめとした金銭的な損害も生じます。
最悪の場合、刑事責任に問われることもあるでしょう。

必ずしも運転技術の未熟さだけが原因ではありませんが、運転技術があれば避けられた事故というものもあるはずです。

もしこの教材で学ぶことによって事故を起こさずに済むのであれば、保険としては高価なものではないと思います。

この教材を手に入れるべきかどうか、お決まりになりましたでしょうか。
今までお伝えしたことがその参考になったのならば幸いです。

Refund
g詳しくはコチラから
受講するボタン_セット

タイトルとURLをコピーしました