クルマ業界の匠2
詳しくは

ドライブレコーダー 実際に取付けた機種の評価(韓国製)

COWON_AW1ドライブレコーダー

COWON Wi-Fi ドライブレコーダーAW1

ちょっと型番は古くなりますが、2014年私の乗用車に初めて取り付けたドライブレコーダーがCOWON AW1です。

このドライブレコーダーを取り付けた理由は当て逃げの記録で、ショッピングセンターの駐車場で当て逃げの被害に遭い、それを防止するために国内外のドライブレコーダーを探したところ国産では駐車録画やその他の機能が充実していなかったのでこのドライブレコーダーを導入しました。

邪魔にならないコンパクト設計

ドライブレコーダーの選び方 その1

取り付けた感じはこのように視界や操作の邪魔にならないほど小さく、録画記録や設定などはWi-Fiに接続して設定・閲覧が可能です。

付属品について

COWON AW1の付属品は本体と電源コードに加えて16GBのmicroSDカードでした。

こちらの商品もシガーソケットの電源から電源を供給できるので、誰にでも取付は可能です。

COWON AW1の良いところ

中国製のドライブレコーダーと異なり、ノイズ対策がしっかりとしていました。
100%とは言えませんが、私が自分の車に取り付けてテレビの映りが悪くなる現象は一切感じられないほど電波障害は殆どありませんでした。

COWON AW1の最大のメリットは人感センサー付きの駐車録画があるところです。

通常は駐車録画付き機能というのは3種類あります。

① 設定したバッテリーの残量が一定レベルまで駐車録画をし続けるタイプ
② 設定した時間まで駐車録画をし続けるタイプ
③ 衝撃を感知した時だけ駐車録画をするタイプ
※上記の複合設定は3種類に含む

このように3つの条件設定だけです。

駐車録画の違い

①は車のバッテリーの寿命を大幅に短くします。
通常エンジンを始動してバッテリーが満充電されるには5km程度は走行しないと車のバッテリーは満充電されません。
満充電されないというよりも、エンジン始動時のセルモーターを回す時に最大電力を消費するので、自動車メーカーもシビアコンディションとして、短距離を数多く走行する車両は車にとってハードな環境と位置付けています。

②は設定した時間まで駐車録画をし続けるタイプですが、この設定ができるドライブレコーダーや、ドライブレコーダーのオプション品については非常に高額で、このオプション品だけでドライブレコーダーの半額程度の金額になることが多いです。

③はナビゲーションと連動したドライブレコーダーに多く搭載されている機能です。
この衝撃感知機能録画のメリットは、衝撃を感知するまで消費電力は少なく、バッテリーの負担が少ない反面、衝撃を感知してから録画が開始されるタイプが殆どなので、当て逃げなど接触した瞬間が記録されていない場合が多い。

私も様々なドライブレコーダーを取り付けましたが、予想以上に駐車録画の電力消費が大きいため、バッテリーを犠牲にするのか?または諦めるのか?最後はお金で解決するのか?の3択のような気がしています。

COWON AW1の駐車録画の凄いところ

様々なドライブレコーダーを取り付けましたが、圧倒的にCOWON AW1の駐車録画は凄いです。

それは人感センサーが付いているので、「人が10m程度近づくと感知していた」何もない状態では録画機能は停止しているため、SDカードの消耗やバッテリーの消耗を抑えながら万が一の記録はしている所は私が知る限り国産を含めた他のドライブレコーダーよりも格段に優れている所でした。

COWON AW1の悪いところ

オプション品としての扱い

GPSはオプション扱い、駐車録画機能の電源コードもオプション扱い

COWON_AW1_gps

ドライブレコーダー本体にGPS機能は付いているものの、アンテナは¥3,350のオプションです。
電源コードに加えてGPSアンテナのコードが邪魔になります。

COWON_AW1_her

価格は¥2,000程度と、他のドライブレコーダーの駐車録画キットに比較したら安い価格帯ですが、駐車録画電源キットはオプション扱いです。

COWON AW1は本体に駐車録画機能が装備されているので、シガーソケットの電源から電源を供給でなく、車体のアクセサリー電源から常時電源に接続するだけで駐車録画はこのオプションが無くても機能はあります。

設定が少し難しかった

駐車録画は電圧によって自動シャットダウン機能が付いていたり、事細かく設定が可能なのですが、全ての設定はスマホに専用アプリをダウンロードして、全てスマホから設定しなければならず、設定はどちらかというと簡単よりも高度というイメージでした。

熱に弱かった

駐車録画を目的に購入したのですが、炎天下の駐車場ではドライブレコーダーの保護機能が働き、春先程度の気温でも録画機能がストップしていました。

駐車録画は季節を問わず設定通りに動いてもらわないといけませんから困りました。

総論

COWON AW1は古いモデルなので、後継機がどの程度なのかは不明ですが、COWON社のドライブレコーダーの人感センサー駐車録画が付いているタイプで絶対にお奨めしたい人は、車体に線キズなどのイタズラをされる方。

高度な人感センサーが付いているので、人が近づくと駐車録画が開始されるのでバッチリです。

またスマホから設定できるのですが、人感センサーが指導するとドライブレコーダー本体のランプが赤く点滅して録画をしている!という警告も付いています。
※スマホの設定で赤ランプ点滅を消すことも可能でした。

車にイタズラされてお悩みの方には絶対にお奨めのドライブレコーダーです。

COWON AW1の後継機がコチラみたいです。

後継機型 COWON フロントカメラ

後継機型 COWON リアカメラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました