クルマ業界の匠2
詳しくは

ドライブレコーダー 実際に取付けた機種の評価 その5(日本製)

MDV-M906HDドライブレコーダー

KENWOOD ドライブレコーダー DRV-MN940

今回のドライブレコーダーはナビゲーションと一体化のケンウッドの前後録画タイプのDRV-MN940について解説してみたいと思います。

今までに数多くのドライブレコーダーを取り付けてきましたが、ナビゲーションと一体型のドライブレコーダーが一体どれほどのものなのか?
これを確かめたくて取り付けることにしました。

取付は想像以上にハードだった

今回ドライブレコーダーを取り付けたのは、HONDA SHUTTLE(ホンダ シャトル)GP8です。

honda_gp8_1

様々なドライブレコーダーを設置してきたのですが、不思議なほどHONDA車に巡り合うことが無く、初めてHONDA車の内装を取り外して写真のようにバラバラです。

たかがナビゲーションと一体型のドライブレコーダーと思っていましたが、運転席と助手席は殆ど外さなくてはならない。

このSHUTTLEはFitのシャーシーを使い、後ろに荷室だけ付け足したみたいで、運転席と助手席の小物入れやスペース的には非常に苦戦するほど場所がありませんでした。

特に苦戦したのは、HONDA車のピラーのカバー(笑)
やはりトヨタ車が多かったので、HONDA特有の外し方でもあり、新車への取付だったため慎重に慎重に外したのが印象的でした。

honda_gp8_2

リアカメラを一つ付けるの為にハイブリッドのバッテリーが見えるほど外さないと配線ができません。

自分で取付をしないことをお奨めします

ナビゲーションと一体型のドライブレコーダーは見た目がスッキリするのと、設定と録画再生までナビゲーションの画面でできるので設置したらいいですが、これを個人で分解して取付しようとするとムチャクチャ時間が掛かります。

ですから個人で取付するのはチョットお奨めできませんね。

専門業者だったらどの程度の費用を請求されるのでしょうか?
私には全く見当もつきません。

ケンウッド ドライブレコーダー DRV-MN940の取付

プライバシーガラス+フィルムでリアカメラ

gp8_2

もともと純正でプライバシーガラスが入っていますが、そのプライバシーガラスの上に透過率13%のフィルムを貼ってその上からリアカメラの設置を行いました。

透過率13%のフィルムは上から2番目に濃いフィルムと思ってください。

邪魔にならないようにリアカメラを設置

gp8_3

リアゲートを開けるとこのようにリアガラスの上に設置しております。
HONDAはリアゲートの内張りが無くビックリ。

配線を隠そうにもゲルコートチューブで覆うしかありませんでした。

フロントカメラは非常に小さくていい

gp8_4

リアカメラとフロントカメラの大きさはほぼ同じサイズですね。

非常に小さい上に配線を隠すゴムが付いているのでドライブレコーダーを設置しているとは思えない。

本体の設置場所

gp8_5

本体の設置場所はハンドル下にしました。
足が当たって邪魔かな?
と思いましたが全く当たることも無く、見えずにベストポジションでした。
microSDカードはKENWOOD純正でなく、高耐久の128GBのメモリを

高耐久 128GB microSDカード

SDカードは本体との相性があるので、動作が心配でしたがサンディスクさんのドライブレコーダー用の高耐久128GBのmicroSDカードは動作バッチリでした。

またAmazonで最安値だったことも良かったです。

KENWOOD ドライブレコーダー DRV-MN940の映像

やっぱり取り付けてみないとどのように録画されているかがわからないドライブレコーダー(笑)

頑張ってフロント・リアカメラの日中と夜間の動画をYouTubeにアップしました。

驚いたのは、以前に中国製のドライブレコーダーでプライバシーガラスだけだったのに、夜間は後方のライトしか見えないレベルでしたが、プライバシーガラスの上に透過率13%のフィルムを貼っているので、日中でも後方から中が見えないレベルなのに中国製のドライブレコーダーよりも鮮明だったことが驚きでした。

ケンウッド ドライブレコーダーの前方 日中の映像

下のYouTube映像ではKENWOODのドライブレコーダーDRV-MN940の正面録画映像を日中に録画した映像を公開しています。

ケンウッド ドライブレコーダーの後方 夜間映像(フィルム付)

下のYouTube映像ではKENWOODのドライブレコーダーDRV-MN940の後方録画映像を夜間の暗闇で録画した映像を公開しています。
※リアガラスにはプライバシーガラスの上に透過率13%のフイルムを貼った状態での画像となります。

KENWOOD(ケンウッド)ドライブレコーダー DRV-MN940の前後カメラ映像(日中・夜間)
ケンウッド ドライブレコーダー DRV-MN940の映像

DRV-MN940の良いところ

フロント・リアカメラが小さく、設置しやすいのと画質は十分すぎるほどの綺麗さで夜でも鮮明です。

また本体も小さいので設置はしやすいです。

ドライブレコーダーの感度設定などもナビゲーションの画面上で完結するでとても便利です。

またナビゲーションと連動なのでGPSが届かない場所での速度記録も車速センサーからデータを取っているので安心です。

DRV-MN940の悪いところ

よほどのレベルでなとドライブレコーダーやナビゲーションを取付た経験が豊富な人でないと設置のレベルは非常に高いと言えます。

ナビゲーションと連動なので、駐車録画が標準装備なのですが、バッテリーへの負担などの理由なのか衝撃を感知してからの録画となります。

駐車後 一定時間の常時録画があればベストなのですが・・・。

総論

悪い部分も書きましたが、私個人がお金を出して購入するのであれば間違いなくKENWOODのナビとドライブレコーダーのセットを買うと思います。

その理由は画質は夜間でも十分な上に、衝撃感度の調整も問題ありませんでした。
※衝撃感度は3軸調整ではありません。

このドライブレコーダーが邪魔にならずスッキリとしていることが最大の理由ですね。

amazon

コメント

タイトルとURLをコピーしました