運転 上手くなるためのペダル操作

車の運転

自動車免許を取得して、さぁ車を運転したら車を手足のように自由自在に操れないのではないでしょうか?

免許を取得したら練習・練習と練習したら運転が上手くなると思ってしまうものですが、残念ながら自動車教習所で教わった運転方法は、自動車免許を取得するための運転方法であり、実際の道路で運転する方法には向いていないと思っています。

これは自動車教習所の運転方法が間違っているのではなく、同じ運転でも難しい運転方法なのですね。

ブレーキペダルの踏み方も日本独特

自動車教習所では右足1本でアクセルペダルとブレーキペダルを踏むように指導されますが、ミッション車は別として、世界的にも日本独特の教え方です。

なぜ右足一本で操作するように指導するのか?
これは考え方の問題となりますが、ブレーキペダルを踏む際には右足一本で操作するとアクセルペダルから足を離してからしかブレーキペダルを踏めないために安全だという考え方です。

しかし海外ではオートマチック車は右足でアクセルペダル
左足でブレーキペダルを踏むように教えている国が沢山あります。

これも考え方の問題となりますが、右足と左足で操作するペダルを分けると、踏み変える時間が少なくなる。

特に日本のような狭い道路事情では子供の飛び出しなど緊急ブレーキを踏むケースがあるため、踏み変える時間が少ない方が事故の確率は減るでしょう。

自動車教習所で右足だけで操作するように教わったから、左足ブレーキはまるで違法行為かのように思われている方がいますが、左足ブレーキを使ってブレーキを踏んで事故を起こしても事故は事故ですし、左足ブレーキで操作したからといって違反切符を切られることはありません。

要は事故を起こさない安全な方法がベストということになります。

わたしは両方を使います

わたしはブレーキペダルを主に左足ブレーキで使用しますが、右足でも使用します。

無意識レベルですが用途に応じて使い分けしています。

一般道や車庫入れなど、緊急時にスグに停止しなければならない状況では左足ブレーキです。

高速道路やバイパスなどの横方向からの飛び出しが無いような道路では主に右足でブレーキペダルを操作します。

よく言われることなのですが、左右の足でブレーキペダルを操作したら間違いませんか?
という質問ですが、まず間違えることはありませんし、間違ったことはありません。

アクセルペダルとブレーキペダルの強さ

これは実験したことがるのですが、右足でアクセルペダル 左足ブレーキペダルを同時に底まで踏み込むとどうなるのか?

答えはブレーキの方が圧倒的に強く、車は進みません。

ですから左足ブレーキは慣れの問題で決して危険ではありません。

アクセルペダルの踏み間違いによる事故

これも考え方の問題となりますが、高齢者などがアクセルペダルとブレーキペダルを踏み間違えたという事故が多発していますが、その殆どはブレーキペダルを踏んだつもりが、アクセルペダルだった。

このようなケースも多くなっています。

要は踏み変えるから間違えるし、後ろを振り向てい車庫入れすると体制が崩れてブレーキペダルを踏んだらペダルの右角で足が滑ってアクセルペダルを踏んでしまう事故もあります。

ですから自動車教習所で教わった右足でアクセルペダルとブレーキペダルの操作が100%安全ではないのです。

カートレース車では左足ブレーキ

F1の登竜門といわれている子供から大人まで気軽に楽しめるスポーツとしてカートレースがあります。

このカートは右足でアクセルペダル、左足でブレーキを操作するようになっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました