クルマ業界の匠2
詳しくは

ベンツ・BMWなど欧州車のホイールが汚れやすい原因

欧州車ホイール雑学

国産と外車ではホイールの汚れ方が全く違う

ベンツ・BMWなど欧州車のホイールが汚れやすいのをご存知でしょうか?

国産車に比較して汚れやすい上に、ホイールに付着した汚れの色が違います。

国産車のホイールが汚れてくると茶色っぽい色なのに対して欧州車は黒色の汚れです。

ホイールの汚れブレーキダスト

国産ホイール
国産車のホイール

欧州車は汚れやすい上に汚れる色も黒く、そしてホイールに付着すると汚れが取れにくい傾向があります。

使用環境が違うから素材が違う

国産車は国内で走行することを想定して設計されています。

日本では現在国土交通省が最高時速の試験的な取り組みを行っておりますが、それを 除くと最高速度は時速100kmになっています。

日本では法定速度が欧州に比較してかなり低い

日本の最高時速100kmですが、日本の自動車メーカーも時速100kmに耐える低い速度ブレーキ設計はしておらず恐らく180km程度の速度からでも安全に停止できるようには想定して設定していると思いますが欧州に比べると実速度は低いはずです。

欧州では制限時速規制が無い場所がある

ドイツではアウトバーンなどが有名ですが、制限時速が無い道路もあります。

私もドイツに行った時、アウトバーンを観光バスに乗って車内から見ていると、高齢者の女性(恐らく70歳ほど)が普通に時速180km程度で走行しているのを何台も見たことがあります。

最高速度が変わると発熱量も桁違いに多くなる

ブレーキの仕組みですが、私はブレーキメーカーの専門化ではありませんので事細かな理論は申し上げることができませんが、ブレーキの仕組みは運動エネルギーを熱に変換することで制動するという仕組みとなっています。

速度が増せば増すほどブレーキの温度は恐ろしいほど高温になります。

アウトバーンなど走行環境に合わせたブレーキ設計にしているため、欧州車は日本車に比較して熱に強いブレーキシステムになっています。

欧州車のブレーキが優れているとは限らない

欧州車は日本車に比較して高速でブレーキを使用することを想定しているため、日本車と同じ設計では熱に耐えれない・高速で制動が劣ってしまいます。

だからといって欧州車のブレーキ性能が日本車を100%上回っているとは限りません。

何かが優れると何かが劣るという表裏一体は必ずあるものです。
例えばF1カーは速く走ることを設定してタイムを競いますが、低速走行は苦手など・・・。

高速走行に強いと、その反対の低速走行は弱くなるという何かを取れば何かが失われることが起きてしまいます。

欧州車は国産車に比較して発熱量が多い設計なのでブレーキローター(鉄)を柔らかくすることで発熱量を抑えています。

日本車でもスポーツカーや車重の重たい車両はブレーキの発熱量が多いため、より効率的に冷やすために下の写真のブレーキローターに小さな穴や風が通るようになっており、風が穴を通ることでブレーキの冷却をしています。
※ベンチレーテッドディスク
欧州車では排気量の小さい車両であってもこのようなローターは使われております。

rotor

 ブレーキローター
 ブレーキキャリパー

その逆で国産車は最高速度の設定が低いので欧州車に比較してブレーキローター(鉄)が固くしても発熱量が少ないので問題なくブレーキ性能を維持することができるのです。

ブレーキローターの硬さ=ホイルの汚れの差

パッド

欧州車のホイルが黒く汚れる理由は

そう、欧州車のホイルの汚れが黒いのは、ブレーキダストは茶色系に対してブレーキローター(鉄)が削れてホイルに鉄分が付着し、湿度と共に酸化することで鉄粉がサビに変化して黒くなるのです。

だから欧州車のホイルの汚れは最初は茶色系なのに、雨が降ったり湿度が高かったりして時間が経つと酸化して黒くなるのです。

当然ですが国産車はブレーキローターの鉄分もありますが、殆どがブレーキパットが削れて付着したものなので茶色系なのです。

欧州車のブレーキはお金が掛かる

日本の最高速度は時速100kmで欧州車の設定速度よりも低い環境で走行することになりますが、低速で走行していても欧州車はブレーキパットと共にブレーキローターも削れて消耗します。

国産車はブレーキが消耗したらブレーキパットのみを交換するのが基本ですが、欧州車はブレーキパットを2回交換しらたのブレーキローターも交換するのが基本となります。

外車の部品は桁違いに高い

車種にもよりますが、私の感覚では基本的に欧州車の部品価格は国産の2倍はすると思っています。

先日は知人の2000万円もする高級外車の車検で見積もりを見ると、一般的な消耗部品の価格が国産車の4倍以上でした。

私は国産車のローター交換を何度も経験していますが、フロントブレーキローター左右の2枚だけで部品代が凡そ¥80,000だったのを覚えています。

欧州車なら部品代だけで¥160,000~¥200,000はしてもおかしくはありません。
※車種などによって価格は大きく変動します。

工賃を含めると、ブレーキローター・ブレーキパット交換で数十万なんて金額を請求されることもあるでしょう!

実用的は国産車・趣味は外車?

私はそのような整備費用も掛かることを知っているのか、国産車は本当に壊れにくい上に(日本での走行を念頭に設計しているから)部品の入手が早くて安いので大好きです。※国産のメーカーを問わず

お金があって外車特有の走行フィーリングやデザイン性・エンジン音など国産には味わうことのできない良さを堪能されたい方は外車
メンテナンス性やコストを重視する方は国産車を強くお勧めしたいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました