クルマ業界の匠2
詳しくは

道路幅の狭い車庫入れのコツ

道路幅狭い車の運転

道路幅が狭い車庫入れはとっても難しい

車庫は広いのに車庫の前の道路幅が狭い車庫入れは本当に難しいです。

道路幅が広くて狭い車庫の場合は難しそうにみえますがそれほど難しくはありません。

恐らく車庫いれ.comを受講した卒業生ならば車体より10cm程度の広さがあれば接触させずに運転できると思います。

車体の長さが長くなればなるほど難しい

道路幅が狭い車庫入れの場合は車体の長さが長くなればなるほど難しくなります。
その理由は車庫入れの時に車庫に入ってからハンドルを大きく切ることはありませんが、車庫に入るまでに大きくハンドルを切るために道路幅が狭い場合はハンドルが切れないから難しいのですね。

dourohaba_1

通常は上にある図にあるように道路でハンドルを切ることができるので車体の角度を変えることができます。

道路幅が狭い車庫入れの方法とは

道路幅が狭い車庫入れを上手く運転する方法とは、できる限り入れたい車庫を過ぎてからバックを開始することです。

dourohaba_2

このように車庫を過ぎてから狭い道路幅の右側にできるだけ寄せることがベストです。

dourohaba_3

狭い道路幅で難しいのがココですね。
車体の左側が障害物にギリギリに通過させないと上手く入らないのです。

このギリギリに通過するには、車の原理原則さえ知っていれば車体と障害物の隙間が5cm程度でも全く怖くなく車庫入れができるようになります。

dourohaba_4

そして最後の難関である右後ろが接触しないを確認またはテクニックを磨かなければいけません。

特に最近の車両はバック中にドアを開けたりすると自動的にPに入る車両があります。

これは安全のためなんてメーカーは言っていますが、バック中に運転席のドアを開けて目視したらもっと正確に安全に運転できるのに邪魔な仕様ですよね。

まぁ道路幅が狭い・広いに関係なく、軽自動車から大型トラックまで絶対変わることのない車の原理原則を知ると恐怖心も無くなり、上手く運転できるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました