クルマ業界の匠2
詳しくは

任意保険のロードサービスあるのにJAFの加入は必要か?

jaf_1雑学

JAFの加入のメリット・デメリット

多くの方が任意保険に加入されていると思いますが、保険会社のサービス競争により殆どの任意保険にロードサービスが付帯されるようになりました。

年間数千円を節約したい人はロードサービス専門のJAFの加入や継続をする必要性は低くいと思われますが、任意保険のロードサービスが付帯されていてもJAFのメリットを享受されたい方は入った方がいいと思います。

そこで今回は任意保険に付帯しているロードサービスとJAFの比較をしてみて、やっぱりJAF加入の必要性が低いと考えている方は加入や継続を中止すればいいですし、改めてJAFのサービスが必要と考えている方は加入や継続をすればいいと思っています。

第三者的な目線で評価したいと思っています。

JAF加入のメリット

JAFの加入のメリットとはズバリ!

それは専門性が高いこと。
損害保険のロードサービスの多くはガソリンスタンドや町の修理工場など提携工場が殆どです。

JAFのロードサービスは100%とは断言できませんが、ロードサービスの研修を受けた者がJAF専用の車両を使ってサービスされるため、専門性が高く信頼性は勝ります。

信頼性とは、最近では車のキーも盗難防止イモビライザーなど電子機器が非常に多くなりましたが、バッテリー上がり一つとっても10年以上前の車と比較にならないほど専門性が必要とされます。

様々なケースや車両などの研修を受けたサービススタッフが作業するので安心感はあります。

また任意保険のロードサービスでは対象とならない細かなサービスがあるようですが、恐らく殆ど使うことのないサービスなので、サービス内容よりも専門性については評価だと思います。

JAFに加入しないとライセンスが取得できない

これもいかがなものかと思いますが、サーキットを走行する時に取得するライセンスですがJAFに加入しないとライセンスが取得できないと聞いたことがあります。

ライセンスには国際A級ライセンス・国際B級ライセンスと国内A級ライセンス・国内B級ライセンスの4つがありますが、これも取得した人に聞きましたが、国内B級ライセンスはサーキットで自分の車で完走したら誰でも取得できる見栄張さんが欲しがる「なんちゃってライセンス」と聞いたことがあります。

JAFMateという情報誌

JAFの関連会社が発行するJAF会員向けの情報誌が送られてきます。

私も以前に父親がJAFに加入していたこともあり、楽しみに読んでいましたが冊子の内容は結構専門的な面白い実験などJAFのサービスを受けるよりも冊子に価値があると思えるほど良かったです。

各種割引サービス

提携している施設の割引だったりとJAF会員向けサービスですが、正直インターネットが主流となった現在ではアプリの割引サービスなど探せば割引サービスなどいっぱいあります。

あえて割引サービスを目的に加入するというよりは、オマケ割引サービスと思って頂いた方がいいかもしれません。

JAF加入のデメリット

これは間違いなく有料だということです。

任意保険のロードサービスは保険に付帯しているので別途費用は掛かりません。

またロードサービスを使っても費用を請求されることはありませんし、(特殊・規定外のサービスを除く)ロードサービスを使用しても保険の特約なので翌年度以降の等級があがることが無いため、実質上の無料となります。

救護が遅い

これは私も何度も経験しましたが、応援要請してから現場到着までに遅すぎます。

とくに土日祝日など遅いときは応援要請してから数時間は掛かるケースはざらです。
その理由は、平日でもギリギリのスタッフで巡回しているのに休日になると応援要請が急増するためです。

年末年始や夏季休暇、そして台風シーズンなどは電話するだけ時間の無駄と思ったほど来ません。

その点、任意保険のロードサービスはガソリンスタンドなど提携している施設の数が多く、トラブルになった場所から最短の工場への依頼をすることから応援要請してからのスピードは勝ります。

継続案内の連絡がウザい

口座振替なら連絡が無いと思いますが、毎年継続する方法だとウザい回数に渡って容赦なしに連絡してきます。

正直 悪質な売り込みと遜色ないほどのレベルで継続連絡が来ます。

私もこの継続案内がウザ過ぎて継続を止めました。

JAFの加入はするべき?しないべき?

JAFのサービスに加入するべきか?加入しないべきか?

それは上記に記したメリット・デメリットがご自身にとってメリットなのか?デメリットなのか?

これを基に判断する方がベストだと思います。

ただ私なら任意保険のロードサービスが自動付帯されているのと、インターネット社会が当たり前になった今では情報は無料で入る時代なので必要性は下がってきているのではないか?

と思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました