クルマ業界の匠2
詳しくは

人身事故と物損事故のメリット・デメリット

tuitotu交通事故

事故は少しのミスが引き起こすもの

事故って起こしてしまうととても嫌な気分になるものです。

交通事故の殆どは加害者側・被害者側共に過失があるものです。
100%加害者側の責任の事故とは、飲酒基準を超えた状態や薬物を服用した状態での事故と追突事故に加えて明らかに違法状態の運転中以外は被害者側・加害者側共に責任はあるものです。
※過失割合は過去の判決を基に決定されるものです。

人身事故とは

道路運送車両法で定められている車やバイク・自転車などで衝突などで事故が発生した場合に負傷者が重傷でなければ人身事故扱いとなります。

人身事故ではありませんよ! 重要な部分ですが、【人身事故扱い】となります。

重傷事故とは

警察が重傷事故として判断する基準は骨折や被害者が救急搬送された場合に重傷事故として判断して現場検証を行います。

物損事故とは

物損事故とは事故によって負傷者が無い場合の事故を物損事故となります。

よく勘違いされる方がいるのですが、相手の車などが無くて運転が不慣れでガードレールに車を接触させても物損事故となり、接触させたことを警察に報告しなければ【当て逃げ】となります。

人身事故と物損事故の違いとは

事故を起こして警察が来ると、被害者側に人身事故にしますか? 物損事故にしますか?

と尋ねてくることがあります。

警察が人身事故にするのか?物損事故にするのか?を尋ねられた場合はどっちにするのがベストなのか?

人身事故は必ず現場検証する必要がある

人身事故にすると警察は事故調書を作成するために必ず現場検証をする必要があります。

調書には事故が発生した時刻や道路に残されたタイヤ痕などを書面に記していき、その調書が事故後の裁判などの証拠として使われます。

人身事故にする場合は必ず現場検証を行いますが、最初は物損事故で処理していたが事故後に体調がよくない場合など後日に加害者・被害者共に現場検証に同行しなければなりません。

よって遠方から来ている場合などは後日に現場検証で呼び出しされるくらいなら事故当日に人身事故扱いにしておいた方がいいです。

人身事故は事故後に現場検証で数時間掛かるのがデメリットとなります。

自賠責保険は人身事故扱いでなければ出ない

人身事故扱いにするメリットは、車検と同時に自賠責保険に加入しなければ車検を通すことができないようになっていますが、加害者側に賠償する財力が乏しいようであったり、任意保険に加入していない場合は人身事故扱いにしなければ自賠責保険が使えず、相手側に財力が無ければ被害者なのに自己負担となります。

自賠責保険の出る金額は知るべし!

自賠責保険は人への賠償と治療に関わるものにしか保険金は出ません。
相手側の車や家屋に加えて公共のカードレールや標識などの損害は自賠責保険の対象外となります。

例えば追突事故ですが追突事故は追突した側に100%の過失とされるのが一般的ですが、追突した側が車検が切れ自賠責保険の有効期限までもが切れた上に任意保険に加入していなければ自分が加入している任意保険を使って補うことになります。

それも事故扱いとなるので、翌年度以降は3等級ダウンとなるので、元の保険料に戻るには3年掛かってしまうことになります。

自賠責保険は1名当たりになるので、1事故で100名であっても数には制限はありませんが、ケガの治療費・文書料(診断証明書)・慰謝料・休業損害など全てを含んで合計金額120万円です。

そして死亡は1名当たり3000万円となります。

交通事故では健康保険を使うこと!

交通事故は健康保険は使えません!

このような病院なら他の病院で診療した方がいいです。

交通事故で健康保険が使えない!というのは、健康保険は国からの診療報酬が安く儲からない。

自由診療なら儲かるので、一部の病院では健康保険が使えないと言いますが、交通事故での治療についても健康保険の対象なのです。

自賠責保険はケガの治療費上限120万円と少額なので健康保険を使うことで加害者側に財力が無い場合であってもかなりの治療が行えることになります。

自賠責保険の上限を超え、加害者が任意保険に加入していない場合は加害者側に治療費を請求することもできますが、一般的に任意保険にも加入せずに運転している方なので請求しても、裁判しても無いものからは取ることはできませんから、結局はケガをさせらたのに自分で治療費を支払うか? 自分が加入している任意保険で事故扱いとなって翌年度以降3年間は保険料が上がることをして対処するしか無くなるのです。

事故で治療する場合は自分の財産を守るためにも健康保険を使うことを強くおススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました